惑星Xが接近します

今日はちょっと書くことがないんですが、久々にInDeep様を覗いてみたらこんな記事が。

太陽系が受けるダブルの衝撃 : 存在が濃厚となってきた惑星Xが「定期的に地球に大量絶滅をもたらしている可能性」についての研究が再び脚光を浴びている | In Deep

太陽系の未確認惑星に関しては惑星Xの他にも「ニビル」や「ヤハウェ」など色々な存在がほのめかされており、日月神示にも発見されていない惑星があるとの記述があります。確か10個あるとか書いてたような・・・

大本教の霊界物語にもこんな記述があるようです。

天に王星の顕れ、地上の学者知者の驚嘆する時こそ、天国の政治の地上に移され、仁愛神政(みろく)の世に近づいた時なので、これがいはゆる三千世界の立替立直しの開始である

さて惑星Xですが、昔は私もコレの存在を疑っていました。

しかしたまたま惑星Xのことを調べる機会がありまして、惑星Xは高IQ集団メンサが実在を確信していて世間に警告を発していると知り、実に驚いた記憶があります。

メンサのサイトはこちら。

JAPAN MENSA|公式サイト

あと惑星Xといえば2年くらいのTV番組、確かアンビリーバボーだったかな、あれで偽情報が流されて憤慨したことを思い出します。

その時の特集は「ゼカリア・シッチン」でした。

ゼカリア・シッチンはシュメール文明の研究者で、地球の旧支配者である「エンキ」と「惑星ニビル」の帰還を予見していました。

しかし番組では惑星ニビルの事を惑星Xとして紹介していたのです。

あれはオカルト色の強いニビル情報と惑星Xを混同させて大衆の意識を真実からそむけるためのものだったのでしょうか?それとも担当者の不勉強だったのでしょうか?

そんなことを考えながらメンサと惑星Xに ついて調べていると、な、なんとこんな記述が。

5-1 惑星X(ニビル)2012年襲来!?

不勉強は私の方だったようです。

もしゼカリア・シッチンの話がガチだとしたら、ちょっと大変な事になりますよ・・・

惑星X≠ニビルであることを祈ります。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


スポンサーリンク
広告336×280