パーソナリティ障害診断で自己理解が進みました

暇つぶしにパーソナリティ障害の診断サイトで遊んでみたら、面白い診断結果が出て、内容も腑に落ちるものだったんで紹介させてください。

スポンサーリンク
広告336×280

パーソナリティ障害を診断してみた

今日は本当に久しぶりに、バイトと自分の仕事、両方をお休みしています。

たまには休まないと駄目ですね。

休んでみて初めて「ああ休息が必要だ」なんて実感するんですよ。

休めば疲労回復する、という当たり前のシステムを忘れてしまっていました。

そんな訳で、今日は一日中ぼんやりとネットやってまして。

下記のサイト様で暇つぶしさせて頂いた所、とても面白い診断結果が出ました。

全79個の質問に答える診断サイトです。

私の診断結果には「スキゾイドパーソナリティ障害が云々」と出まして、これは何ぞやと調べてみたところ、ものすごーく当てはまっていたんです。

スキゾイドパーソナリティ障害とは

スキゾイドパーソナリティ障害の特徴は以下のような感じです。

  • 孤独を好む
  • 孤立した行動を取る
  • 親しい友人がほとんどいない
  • 異性にほとんど興味がない
  • 社会活動に喜びを感じない
  • 賞賛にも批判にも無関心
  • 冷たい情緒、よそよそしさ
  • 質素で単調な生活を好む

これは私の特徴そのまんまなんですね。

長年の読者の方はこれほどとは思われないかも知れませんが、ブログには内面的なものしか表れませんので…

リアルの行動パターンは完全にコレなんですよ。

特に「社会活動に喜びを感じない」に関しては、もはや生活費を稼ぐ以外の意義を見出していませんので、ほんともうお付き合いで社会参加してるようなもんです。スーパーめんどくさい。

回避依存症との類似

昔の記事で書いているのですが、私は回避依存症の傾向がありました。

回避依存症に関してはツインソウル関連で情報を得ておりました。

ツインに出会う人、特に男性側は、回避依存症である可能性が高いというものです。

上記の記事でも書いていますが、私の回避依存症はヒプノセラピーを受診することで大幅に改善されました。

しかし今回、スキゾイドパーソナリティ障害というものを知って、少し腑に落ちた所があるんですね。

回避依存症に対しては「なんか当てはまっているなあ…」という印象だったのですが、スキゾイドパーソナリティ障害は「私はこれだ!」と、症状と自覚が見事に合致した訳なんです。

もしかしたら他のツイン体験者も、回避依存症というより、スキゾイドパーソナリティ障害とみなしたほうが適切な方も多いのでは?と直感しました。

この障害には何かある気がします

このスキゾイドパーソナリティ障害には、エンパスとか、スターシードとか、そういうスピリチュアル的な要素が根底にある気がします。

オカルト界隈においては、そもそも精神障害のほとんどは霊障が原因と言われております。

今回話題にしているパーソナリティ障害は、日本語に訳すと人格障害なんですが、こんなもんは障害でもなんでもない、精神医療で金儲けするために個性を疾患あつかいしている訳です。

なので「障害」という単語を重く受け止めず、気軽に診断サイトで遊んでみて欲しいのですが…

脱線しましたね。

金目当てで障害あつかいされてはいますが、そういう医療界の頑張りのおかげで、個性の傾向を的確に分類できているなあと。そういう所にはすごく感動を覚えました。

こういう診断を無料で気軽にやれるとは、大した時代になったものです。

今スピリチュアル界隈で喧伝されている「自分探し」にも、きっと役立つと思います。

皆さんもぜひやってみてください。

やってみて、もし何かしらの障害がひっかかったとして、その障害について詳しく調べてみれば、新たな自己発見にも繋がりますし、上記で述べた「スピリチュアル的な要素が根底にある」という私の直感に、読者の方も共感して頂けるかもしれません。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事