書くなと言われても書いてみる

す、すごい。
ツインソウルに関する現在の見解を書いていたのですが・・・

見事に消えた。

それも2度。

メモ帳で書いてコピペしたので、元の文章は残っているのですが・・・

これはやっぱり「書くな」って言われてる気がしてならない・・・

でもせっかく頑張って書いたので要点だけ掲載します。


ツイン体験者はこの現象の謎に心を奪われ、貴重の時間の多くを謎の解明に費やします。

それは当然のことであると、これは人間存在の根源に迫る謎であると、わかりました。

(中略)

エネルギーです。魂はエネルギーとして体感されるのです。

エネルギーとは意欲であり、興味の基であり、発現の原動力です。

それを「共有している」ということ!

これです!ツインソウルは共有している存在!

だから正反対なのです!

(中略)

というか理屈でいうなら、そもそもツインソウルは出会う必要性がない!

これに出会うということは「あがり」なのかもしれない。本当に。


これならどうだ?

この記事はこれで終わります・・・

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


スポンサーリンク
広告336×280