途中経過です

あれから精神が変化し続けております。

この心境を文章化するのは貴重なことだと思いました。

これは前回の記事を読み返してみての感想です。

私は必要な変化の過程にあり、この記録は後に続く人の資産となります。

まだ達観はできていないのですが、ツインソウルを手放すということは、ツインソウルの役割が達成されるということだと分かりました。

これは様々なサイト様で言及されていることそのままなのですが、これが自身の経験から導き出された結論となると、現象の理解度が、言葉の重みが、全く違います。

私はこれを記事にしたいと思いますが、みなさんに理解して頂けるよう記述するには時間がかかります。

図解も必要ですし、他のサイト様で述べられている事の繰り返しにはしたくないので、本当に難しい作業になると思います。

ただし、このツインソウル現象の正解、これだけはもう早いうちに教えてしまいたいと思います。

正解はトリケラトプスさんのサイトに全部書いてありました。

これは個人の体験によって詳細やら共感の度合いが違うのですが、でもあそこに書いてあることが正解です。最終的にあそこに行き着きます。

あそこに書いてある事を心底理解できる時が最終段階だと言えるでしょう。

で、タイミングよく最近の記事でトプスさんが、ツインソウルというカテゴリーに執着せず大きな視野で物事を考えて行きたい、と述べておられますが、この心境は私にもよく理解できました。

ツインソウルというものは、人間が最終段階に至る途中の転換期に発生する現象であり、ツインソウルが人生の本流ではないのです。

近年ツインソウルに会う人間が増えているのは、人間が最終段階に進む必要が出てきたからでしょう。そういう時勢なのだと分かりました。これも様々なサイト様で言われていることですが、体験の結論として心底理解しました。

本当はツインソウルに会わずとも最終段階に移行できる人間が、本当に優れた素晴らしい人間なのだと思うのです。それが人間本来の姿なのだと感じます。

しかしそうも言っていられないのでしょう。

多くの人間が近日中に最終段階に進む必要がある、としか思えません。

そのためのツインソウルです。

現在私の精神に起こっているのは、過去の自分との統合です。

以前の記事でも書いたとおり、オーバーソウルというか、ハイヤーセルフというか、そういう存在から過去の自分自身のエネルギーが返却されてはいたのですが、これが先日の気力喪失とともに復活しました。

そして現在、気力は戻りつつあるのですが、復活した過去の自分のエネルギーは引っ込んでくれません。

結果、人格が混乱した状況にあり、これを統合する必要が出てきました。

ツインソウルについて書くべきことは残り少ないと感じています。

本日は途中経過の報告です。ありがとうございました。

【追記】記事をまとめました
ツインソウルのまとめ

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


スポンサーリンク
広告336×280