昼休みに記事を書くオカルト

昼休み中にレスを書くという時間との戦い。
そしてこれを記事にしてしまうという一石二鳥。
まさに匠の技です。なんということでしょう。

———–
半信半疑なのにも私なりに理由があるんですよ?(^^)
信じきっていた時期もあります。ツインソウルという概念に随分助けられもしました。
でもそれが全てになってしまうと苦しくて。
———–

ツインソウルが全てになると苦しいというのは、「相手がツインだから好き」という考え方が辛いという事でしょうか?私は一時期そういう風に考えていました。

相手がツインだから好きというのは「相手がツインじゃないなら嫌い」という事の裏返しではないかと自問してしまいがちです。

しかし最近は

相手の事が好きすぎるのはツインソウルだから
相手にいくら酷い事をされても許してしまうのはツインソウルだから
相手がツインソウルじゃなかったら自分は精神病院に行くべき

という感じで、相手への過剰な愛情の理由をツインソウルだからとし、相手が好きという基本的な感情はツインとか関係ないよね!という考え方に落ち着きました。

とってもポジティブ思考ですね(^^)

———–
今はこだわっていないのと、ツインソウルが本当かどうか確かめたいなぁ、なんてお気楽な感じになりました。オカルトさんのおかげなんですよ。やりとりしてるうちに、楽しくなってしまって

今年に入ってからだいぶ楽にはなっていたんですが、でもまだ苦しくて。少し前から感じていた不思議な感覚が現実になってきた気がします。「あたしは自由なんだ。どこへでもいける」という「なにも心配はいらない。」という感覚。
ツインと離れる前、離れた直後も思ってたんですけど。
———–

ありがとうございます。お役に立っているようですね。

私もあっこさんと交流するのは好きです。

あっこさんとの交流は、私のツインとの交流と、感覚的に似ています。

ツインソウルにも横繋がりみたいなのがあるんでしょうかね。

ツインと離れる前に安心感ですか。

それは恐らく相手が必要な変化を起した証拠だと思います。

私もスピリチュアル系の人達からのアドバイスを受け、再会を信じて自分の道を進みました。

考え方がスピリチュアル面に偏りすぎていて、現実面での恋愛努力を怠ったことはとても後悔しているのですが、しかしこういった決断は正しいようです。

以下のブログはご存知でしょうか?アメリカでのツイン現象のまとめ的なものを翻訳してくださったサイトです。何から何までが全員に当てはまる情報ではないのですが、大筋ではかなり当たっていると感じる、すばらしい内容です。

真実の愛『ツインソウル応援プロジェクト』

———–
私のブログが誰かのお役に立つなら、とは思いますが…
なにせ文章が…(^^; オカルトさんのように、わかりやすく言葉にできたらいいのですが。何から書いたらいいでしょうかねぇ。

ツインソウル問題で悩む人と直接会えたら一番いいなぁと思います。
———–

現実で会うのは難しいかもしれません。

これは単純にツインソウル人口が少ないからです。

しかし、あっこさんが始める事で広がる和もあるとは思います。

———–
オカルトさんには聞きたいことだらけですが…ひとつずつ。

運転中、青白い?光り(カメハメハーみたいなの)が私の膝の上に
のったというか、降りてきたというか、があるんですが、そういうこともオカルト的にはよくあることですか?
ちなみに嫌な感じは全くせず「おぉー!」と感動しました(^-^)
———–

すごい!っていうか「感動しました」で終わらせる内容じゃないよー!(^^;

オカルト的には「光=霊 or UFO」です。状況からして霊的なものじゃないでしょうか。怖いものでないなら、精霊であったり天使であったり。

ご先祖様とかの現れ方とは若干違う気がしますね。

よく聞く話では、女性のもとに現れる光は自分に宿る予定の子供の魂とかがあります。ツインの彼と結ばれる事を待っている赤ちゃんなのかも知れませんよ。

ロマンチックですね!

おっしゃ昼休みで書けた!

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

スポンサーリンク
広告336×280