ツインの肉体的特長(Notエロス)

昨日ヘミシンク聴きながら寝たおかげか、ハートチャクラの痛みはなくなりました。

でも夕方あたりからハートチャクラが痛い・・・少しだけですが痛いです。

よもやヘミシンクを痛み止めとして活用するとは思ってもみませんでした。

さて今日は取り立ててネタも無いので、ツインソウルに関して思い出した事を書いてみます。

数日前に、録音した自分の声を聞く機会があったんですね。

その声がまぁ酷いのなんの。俺ってこんな声してたっけ?と本気で思いました。

自分の体内を通して聞こえる声と、体内を通さずに聞こえる声って違うんですよね。

録音した声を聞くなんて小学校以来です。

それでふと思い出したのですが、ツインも酷い声をしてるんですよw

だらしのないハスキーボイスという感じです(酷

初めて聞いた時は喉の調子が悪いのかと思いました。

ツインソウルはお互いに正反対の要素とそっくりな要素があると言われていますが、もしかしたら、正反対とそっくり「だけ」で構成されているのかもしれませんね。

あとこれは根拠のない直感ですが、お互いの波長が合えば声がまともになる予感がしています。

なんかですね、過去に一度だけツインが別人のような声を出した事があったんです。

声だけ聞いていた私が本人と認識できなかったレベルで。

なんか、なんとなくですけど、あの声が本来の声なんじゃないかと思うんです。

録音した自分の声を聞いた時も、直感的に「未完成の声だ」と思ったんです。

完成する日が来るといいのですが。

これに関連してもう一つ、ツインの匂いに関する事を思い出しました。

私のツインはもんのすごい香水くさかったんですよ。

臭いといっても嫌な臭いじゃあありませんでした、とても良い香りでした。

しかし度を越えて匂うわけです。

最初の頃は「なんか良い匂いの香水つけてるな」と思いました。

日がたつにつれ「つけすぎだろ」と思うようになりました。

最期のほうは

こいつ頭おかしいだろ

って思ってました。

そのぐらい度を越えて匂っていたんです。

ですがこの間ですね、以前紹介させて頂いたシャンバラヒーリングさんで、こんな記述を見つけたんです。

誕生時のトラウマを解放する 個人セッション in 琵琶湖&東京|シャンバラヒーリング

記事が長いので抜粋させて頂きます。

そして、Aさんが、ツインだと知ったとき、

Aさんから、この世のものとは思ほどえない

素敵な良い香りがしたのだそうです。

 

「何か線香のようなものを身につけていますか?」

とAさんに尋ねてしまったほど。

 

これは、Iさんが、お母さんのお腹なかで感じていた

Aさんの魂の香りです。

 

このことをふたりは霊香と言っていました。

面白いですね^^

ツインの匂いはコレだったんでしょうか・・・?

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

スポンサーリンク
広告336×280