なるほど!契約のツインソウルに納得しました

連投です。

さっきの記事を少しばかり訂正したくなりました。

というのも、紹介させて頂いたブログ様をずっと読んでいて、腑に落ちるどころか勉強になる事ばっかりで、これは早いうちに書いといた方がいいと思ったのです。

あまり詳しく書くと転載になっちゃうんで要点をまとめますね。

契約のツインソウルでオッケーみたいです。

そもそも契約のツインソウルというのが我々のほとんどなのだそうで、これの仕組みが私のオカルト知識にも合致しました。

ものすごく納得です。

魂をですね、交換してるそうなんです。

もともと一つの魂が二つに分かれるんじゃなくて、自分達の魂を半分こぐらいずつ交換しているらしいんです。

そして契約のツイン同士が試練を乗り越えて融合するとツインフレームになるんだそうです。

すごく納得です。

ものすごく納得です。

詳しくは先のブログ様を読んでください。主にツインフレームの記事など。

スポンサーリンク
広告336×280

魂の仕組み

こっからはオカルトマニアのうんちく。

魂というのはですね、そもそも皆が大きな一つの源から分かれているんですよ。

大きな源っていうのは神様のことです。

大神様から、ちょっと下の神様、そこからまたちょい下の神様、そっから人間みたいな。

人間っていうのはですね、神様の分御霊なんです。

神様が「体験」をするために人間を使うんです。

我々は神様の末端神経みたいなもんです。

そしてまた人間も神様であると言えます。

ですからそもそもツインソウルが「一つの魂が二つに分かれて~」というのは、私はですね、変だなおかしいなってずっと思ってたんです。

だってもともと大きな一つから分かれた魂ですから、そっからさらに分けるってなんのこっちゃ?みたいな。

なに?ツインソウルって超未熟児のこと?って思ってました。

以前ご紹介させて頂いたトリケラトプスさんのサイト

こちらでグループソウルの事を書いておりましたので、とりあえずなるほど!と腑に落ちてはおりました。

しかしグループソウルっていうのはですね、似た者同士の霊団のことなんです。

グループで協力してプロジェクトを実施しているんですね。

で、ツインソウルはグループソウルの仲間っていうのは分かりました。

じゃあなんで「ツイン」なの?

グループって2人だけじゃなくて複数人いるわけ。

メンバーじゃなくて、あえてツインって呼ぶのはなぜ?

そして本日の発見ですよ。

なるほど、2つの魂がお互いの性質を交換しているからツインソウルなんですね。

そしてツインソウルがお互いの魂を交換したまま融合しちゃったらツインフレームになると。

すごーーーーく納得です!つじつまが合いました!

【追記】関連記事の紹介

魂の仕組みに関して記事を書きました。よろしければご覧ください。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事