ツインソウルとソウルメイトの違い

注文したゲートウェイがやっと届きましたよ。

とりあえずCD1枚目を聞いてみたんですが、やっぱりナレーションが日本語だと聞きやすいですね!

無料で利用させてもらってたやつはヘミシンクの第一人者、モンロー博士じきじきのナレーションだったんですが、やっぱり何言ってるのか分かんないから耳障りになってきまして、昨日はイライラきてヘッドホン投げたりしてましたw

効果のほどはまだ分かりませんが何か変化があったら報告しますね。

さてそれでは予告どおり、私が体感したツインソウルとソウルメイトの違いを書いてみたいと思います。

今からちょうど10年前くらいに、ソウルメイトもしくはグループソウルと思わしき女性に出会いました。

体感的に多分グループソウルではなくソウルメイトと思われますので、以下ソウルメイトで統一します。

まず出合った直後の感覚から。

ソウルメイトの場合は「あー美人だな、でも俺には関係なさそうだ」という感じ。

ツインソウルの場合、近くの席に座っただけで、会話もなく、ほとんど顔も見ずといった感じだったのですが、ツインソウルが座っている方向から凄まじい視線を感じまくりまして。

「このプレッシャー・・・シャアか!?」

といった感じでした。

いや大げさでなくマジでシャアが来た状態!

謎プレッシャーが凄くて相手の方を見れませんでした!

パオロ艦長が逃げろ言うレベル!

しかしツインの性格など把握した後に改めて考えると、初対面の相手を凝視するような性格では無いんですよね、彼女。だから近くに座っただけで異常事態になっていた訳です。

次に会話した感覚。

 

ソウルメイトの場合は、とーーーっても楽ちん!

楽々仲良しになれましたね。相手はなかなかの美人さんだったんですけど、何の緊張もなくスムーズに親睦を深めました。

ツインソウルの場合、ちょっとお話した時点で

「あ、こいつ浮気しそう・・・」

「あれ?この人って数年前に○○で見かけた人では・・・?」

「なんか俺のこと嫌そうに見てるな・・・」

等々、なんかしらないけど初対面から大量の情報が脳裏に浮かびました。

お話していくと「案外普通だな」という感じ。

でも相手の事を、もんっっのすごく意識しちゃうんです!常に気にしている状態!

なんだか相手の気持ちが分かるんです。思考は分かりませんが、感情が分かるんです。ちなみに↑で嫌そうな顔してたのは照れ隠し(だと思う)

初日の夜から相手のエロ妄想が脳裏に浮かんできて、なんだこりゃ状態。

なんだか変に緊張しながらも、お話すると嬉しい!手探りのコミュニケーションなんだけどなんか嬉しい!

話した感じ、ものすごく相性が良い訳じゃないと思うんです。

ノリノリの会話で楽しくてたまらない!ってな関係ではありませんでした。

でも相手とのやりとりに慣れてくるとですね、ふとした瞬間に幸せを感じるんです。

あんな感じになったのは生まれて初めてでした。

異常な幸福感を感じる瞬間が、確かにあったのです。

ああ、もう十分に違いを語っちゃってますね。

しかし最も決定的なのが、お別れした後。

ソウルメイトの場合、2~3年引きずりました(泣

相手とは結局付き合いもせず、手すら握ったことがなかったんですが、それでも数年間、彼女とお別れした事のダメージを引きずりましたね。

自分は頭がおかしいんじゃないかと思ってました。

それと同時に、自分は運命の人と別れてしまったんじゃないかとも思っていました。

この時点でも結構普通の恋愛と違いますね。

ツインソウルの場合・・・死にそうになりましたw

いや実はですね、本格的な別離の前にもですね、出張とかでちょいちょい物理的に離れてたんですよ。

離れる度に身を引き裂かれるような辛さで。

それに私、短期間でツインから何度もフラれてました。

その度にもう憔悴しきってしまって。

フラれては仲直りして即フラれて物理的に離れて、戻ってきて仲直りして即フラれて物理的に離れて・・・

異常。

もう普通の状態じゃない。

その積み重ねで最終的には本格的にお別れして今に至るのですが、それでも終わった感じがしない!

ツインソウルに会われた方なら分かるでしょう、世間一般的には終わったような状況でも、全然まったく終わった感じがしない!

もし真の地獄があるとすれば、それはこのままツインソウルとの関係が終わってしまうことです。

ここのまま一生、意識にツインを住まわせたまま、ツインと復縁できずに死ぬまで生き続けるのは、妙な催眠術をかけらて違和感をもったまま生き続ける事に等しいのです。

参考になりましたでしょうか。
今日はこの辺で。

iPhone / iPad用のアプリを作りました!
f:id:itsearcher:20160504103813p:plain
↑ 画像クリックでAppStoreへGO! ↑

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


スポンサーリンク
広告336×280