ツインソウルの判断の目安②

昨日に引き続きツインソウル判断の目安です。

こういうのは個人差があるから当人以外に判断つくわけないだろう、と言いたい方もいらっしゃるでしょう。その意見はごもっともです。

そのうえで書かせて頂きます。

スポンサーリンク
広告336×280

ハートチャクラが反応する

ツインに会うと胸の中央に反応があります。

ここにはハートチャクラという人体のエネルギースポットがあるんですね。

ここに異常が発生するのです。

ハートチャクラの活性化はツインソウルと深く関係している、という情報が多いので、恐らくこれはツインに会われた方全員に共通している反応じゃないのかなと思います。

私の場合は、まあ最初はなんともなかったんですが、出会って一ヶ月ぐらいしてから相手を悲しませるような事をやってしまったんです。

その時、胸の中央に激痛が走りました。

直感的に「これは彼女の心の痛みだ」と認識したのです。

その時までは相手の事を、やたらと気になってしょうがない相手、ぐらいにしか認識していなかったのですが、この出来事を切欠に「この関係性はただごとではない!」と確信しました。

もともとチャクラの知識は持っていましたし、それに私のハートチャクラは長い間まったく機能していない状態でした。

胸の中心部が常に痛い状態で、しんどさに体をよじると胸骨がバキバキと音を立てる始末…

ですので、この反応は分かりやすすぎるほど不自然なものでした。

ハートチャクラの活性化

それからというもの、日を追うごとにハートチャクラはますます活性化してゆき、常に胸の中央が熱く、体中に大きな動悸が反響しているような状態になりました。

ハートチャクラを介在したテレパシー的なものも発達していきました。

ハートチャクラに意識を集中すると相手とのシンクロニティが発生することが分かりました。

また胸の動悸が(動悸っていってもコレ心臓の動悸じゃないっぽいんですよね…)自分の感情ではなく、相手の感情によって生じている事も発見しました。

そして相手が、自分に対してネガティブな行動を取ると、それが発覚する前にチャクラの痛みとして分かるんです。

相手がショックな決断をした、その瞬間に、胸に激痛が走り「ああ何か嫌なことがあるな…」と前もって分かるようになりました。

ハートチャクラの停止

うまく関係性が構築できずに辛い日々を送っていたある日の事です。

私の精神はついに限界へと達し、もだえ苦しんで神様に助けを求めました。

その日のうちに、まさに救いの手が差し伸べられたかのごとく、ネットでツインソウルの情報を発見したのです。

そしてこの情報を相手に教えようとしたのですが…

自分でもなんだかよくわからない突飛な行動を取ってしまい、それに対して相手も凄く決定的な行動を取ってしまいました。

これによって二人の間には社会的な断絶が発生してしまい、近寄りたくても近寄れない状態に陥ってしまったのです。

この時点から私のハートチャクラの活動は停止しています。

時々復活しますが、あまり強い反応ではありません。

これは私の感情によって自主的に活性化しているからだと思います。

動悸がしないんですね、だから相手と共鳴している訳ではなさそうです。

相手への情報提供は危険?

これに関して以前ヒプノセラピーにて相談させて頂いた所

「ツインソウルの情報は相手にとって時期尚早だった、相手の役目が終わったから関係も断絶したのだろう。もし相手が本当にツインソウルならまた再会できるから、あまり落ち込まずに今は自分の人生を優先しろ」

というアドバイスを頂きました。

ネットでツインに関する情報を調べてみると、ツイン同士でもお互いの波長に差がありすぎると共鳴現象が発生しなくなる、とありますね。

また、ツインソウルに関する情報を相手に教えるのは良くない、無理に教えてもそれは相手の霊的進化には繋がらず、むしろ状況を悪化させる可能性がある、とも書いてました。

どうやら私の状況はまさしく上記の状態にあるようです。

参考になりましたでしょうか。
ではまた次回。


以下、関連記事です。
よろしければ合わせてご覧ください (^_^)
ツインソウルの判断の目安①
ツインソウルの判断の目安③
ツインソウルの判断の目安④
ツインソウルのまとめ

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする