ウニヒピリ

昨日の続きです。

仮眠を取るとき、意識がなくなる直前にですね、自分の内側から声が聞こえました。

アクセントのおかしな音声合成のような声でした。

おそらくウニヒピリです。

ウニヒピリというのはホ・オポノポノの用語で、潜在意識と顕在意識の境界にいる存在です。

インナーチャイルドと同様の存在とのことですが、一般的にインナーチャイルドは抑圧された精神性の具現化とされ、ウニヒピリは潜在意識と顕在意識の橋渡し的な存在として扱われています。

このウニヒピリと思わしき声ですが、何を言っていたのかがまるで思い出せません。

しかし声を聞いた時、言葉の内容に納得したことだけは覚えています。

余談ですが私は自分の内側からの声を聞いたのは3回目です。

1度目は食中毒で倒れる直前。

2度目はツインソウルに会った日の夜。

正確には過去2回とも「声を聞いた」というより「自分の意識にない言葉が浮かんできた」という感覚でした。

それと比較して、今回は明らかに「声を聞いた」だったので、とても驚きました。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

スポンサーリンク
広告336×280