所有しない生活

今後は私自身の生活を「所有しない」という方向に切り替えて行きたいと思います。

現状は所有しているものが多いのですが、所有物の維持のための消費が大きすぎるのです。

わかりやすい所では家賃とか車の維持費とか。

税金もそうです。去年までの収入が結構な額だったので、今年は税金が大変な事になっています。

これもある意味、多くを得ることを維持するための消費、と言えなくもありません。

一つを維持するためには、全体の消費をみなおすか、得るものを増やす必要があります。

その逆として、一つを放棄すれば消費が減り、得るものを増やす必要もありません。

で、私はここからさらに、得るものも減らしていけたらと考えています。

つまり収支を極限まで減らすのです。

他への依存を減らし、他からの依存も減らす。

具体的には「勤務先への依存(収入)」を減らし、「国家や家主や公共機関からの依存(支出)」も減らす。

遊んだり貯金したりするお金は、他に依存せず自分自身で稼げればと考えています。

この変化は一体どういう事かといいますと、資本主義の搾取の仕組みから極力離れようという試みです。

私は元々、二十歳前の若い頃からずっと、現代社会に強い不信感を抱いてきました。

それから苦労して社会に適応してきました。

結果、これはダメだ、この仕組みにはゴールがない、と悟ったのです。

しかし今まで苦労した甲斐あって、もしかしたらスムーズに脱出できるかも、という予感がしております。

この世界はもはや搾取の仕組みが完成してしまっています。

他に依存すればするほど、所有すればするほど、支出は増え、抜け出せなくなるのです。

多くを得ていることと自由であることはイコールではありません、仕組みに依存するほど不自由になっていきます。

多くを所有していることと裕福であることはイコールではありません、無自覚に借金を増やしているようなものです。

わかっていただきたいのですが上手く説明できません。

本ブログ的には、エネルギー循環の経路を別なところにシフトする、と言ったほうが伝わるかもしれませんね。

今後はこの方向性を基本として記事を書いていきます。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

スポンサーリンク
広告336×280