節電装置マグラブとフリーエネルギー開発

今日は簡単な記事です。

謎テクノロジーによる節電機器をご紹介します。

最近話題になって機器ですので、既にご存じの方も多いと思います。

画像出典元:キーンエリアニュース 様

スポンサーリンク
広告336×280

節電マシン「マグラブ」

画像出典元:キーンエリアニュース 様

フリーエネルギーとは少し違いますが、謎の技術により節電効果を発揮する「マグラブ」という装置をご存じでしょうか?

私は数日前にこちらのサイト様で知ったばかりです。

詳しい原理はサッパリ理解できなかったのですが、どうも大気中?のプラズマ磁場?を利用しているらしいです。

こちらのサイト様で詳しく解説されています。

このマグラブ、効果は使用環境によってブレがあるものの、日本では30%程度、海外では最大90%もの節電効果が記録されているそうなのです。

ちょっと気になりますよね。

マグラブは自作できる

マグラブ最大の魅力は、開発方法が公開されている点です。

ググってみればマグラブ開発のワークショップを難なく見つける事ができます。

しかしワークショップですので、参加費用がかかるうえ、開催地も首都圏がほとんどで、おまに受講期間は数日間に設定されているのです。

私のような田舎の貧乏人には恐ろしくハードルが高い内容!

というか、一般的な地方在住者でも、気軽には参加できない内容ですね。

現物を購入するとなると6万円くらいするそうです。

結局のところ、田舎からワークショップに参加するよりは、製品を買った方が安く済みそうです。

自作方法も検索してみました。

以下のサイト様で、一通りの制作過程を紹介されています。

でもこの情報だけでは作れませんね。

海外の方が資料が充実しているようなので、英語が読めて、電子工作に精通している方なら、自作することができると思います。

うーん…

地道に調査し続ければ作れそうな気もしますね…

個人によるフリーエネルギー装置開発

マグラブはフリーエネルギーとは若干違いますが、フリーエネルギー装置の個人制作も様々な所で進められているようですね。

ネット上では、これら以外にも多数の情報が発見できます。

水で走る自動車なども、日本ではもう何年も前に開発済らしいのですが、当然の如く支配層に潰されているようです。

このような利権構造を踏まえるに、フリーエネルギーは個人で作っていくしかないのでしょうね。

短いですが今日は以上です。

1+
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事