オカルト初心者のためのナチスドイツ&ヒトラー入門です

今日はナチスとヒトラーに関して、オカルト初心者の興味を引くような記事を書きたいと思います。

オカルトといえば避けて通れないのがヒトラー。

ヒトラーの秘密を知らない人は、オカルト界隈では少数派ですが、一般では圧倒的多数です。

このブログは今までずっとスピリチュアルを扱ってきましたので、オカルト初心者率も高いと思われます。

オカルトあんまり興味ないよって方にも面白がって頂けるよう頑張ります。

スポンサーリンク
広告336×280

アウシュビッツは嘘

まずはキャッチーな話題から。

ナチスといえばユダヤ人強制収容と毒ガスによる虐殺コンボが有名ですね。

これ、嘘だという説が濃厚です。

まず虐殺に用いられた薬品というのが、単なる殺虫剤(収容者のシラミ除去用だったかな?)だったと判明しています。

また、収容所にはガス室が存在しませんでした。

シャワー室からガスが出たとかいう言い草ですが、なぜわざわざシャワーヘッドから毒ガスを排出しなければならないのでしょう。

そしてシャワー室には換気口が1箇所しかなく、これは毒ガスの換気には不十分です。

最後に、これが最も説得力があるのですが、毒ガスで大量虐殺など非効率的です。

戦時中は死体処理が面倒という事で、敵兵に自分の墓穴を掘らせてから銃殺したケースも多くありました。

これほどまでの非人道的な節約術が発達している中で

ユダヤ人を入室させる -> 毒ガスで殺す -> ガス室を換気する -> 死体を運ぶ -> 焼却する -> 次のユダヤ人を入室させる

なんて手間暇をかけるでしょうか?

興味のある人はググってみましょう。いっぱい出てきますよ。

アンネの日記も嘘

「アンネの日記」は、ユダヤ人の女の子が、ナチス政権下に自宅へ引きこもる話です。

これも嘘です。

まず、実際のアンネの筆跡と、日記の筆跡が違っています。

日記の筆跡は、明らかに大人のもの。

つまり日記は創作です。

また、家族全員で隠れ住んでいたわりには、自宅の隠し部屋が狭すぎるとか、隠し部屋で調理などを行なっているが、排気により住人の存在がバレないのはおかしいなど、日記の内容にも数々の矛盾点があります。

この問題もググれば情報がたくさん出ます。

ヒトラーはオカルティスト

ヒトラーは、謎の存在によるチャネリング状態に、しばしば陥っていたそうです。

瞑想状態にて未来を知り、勝利の確信を得て全世界相手に戦争を開始したのです。

作戦立案もほとんど自分一人で行なっていたそうです。

ナチス政権下で開発された、世界初の自家用車(ビートル)、ミサイル、UFOなど、数々の発明品も、ヒトラーがチャネリングで得たインスピレーションが基となっています。

ヒトラーの未来予言も有名ですね。

また、ナチス崩壊後には、戦勝国達が争うようにナチス技術を奪取・研究し、その技術は今日まで活かされてきました。

国際的にナチスはタブーとされていますが、裏ではまあこんなもんです。

ヒトラーを操ったのは日本の秘密結社

これはどれほどの信ぴょう性がある情報か分かりませんが、ヒトラーに霊的啓示を与えていたのは、日本の「緑龍会」という秘密結社であると言われています。

この組織は京都御所の守護に携わった「五龍会」という、5つの組織のうちの1つらしいので、秘密結社と呼ぶのは適切ではないかもしれませんね。

昔から名前だけはよく聞く、天皇守護の組織「八咫烏」も、この五龍会のうちの1つらしいです。

この辺の情報はほんと、最近になって色々出てきたんですが、どうしても厨二病的なうさんくささがあるんですよね(笑)

ただまあ、大本教や日月神示がらみで、戦中の陸軍のオカルト傾倒ぶりはよく存じておりますので、実際社会の上の方にリアルガチのオカルティストがいるのは分かります。

この辺を調べ始めると、歴史に関しても調べる必要が出てきますので、もう底なし沼みたいになっちゃうんですけど、その辺好きな方はぜひ調べてみてください。

そして調査結果を私に教えてください。ぜひ。

以上、ナチスやヒトラーに興味を持って下されば幸いです。

それでは今日はこの辺で。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事