チャネリングをやってみたら鳴門の仕組でした

今日は一日中出かけておりまして、本気でネタがありません(^^;

あまり面白くないですが、ネットの調べものに関する記事を書きます。

暇つぶしにでも読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク
広告336×280

きっかけは運転中の独り言

今日は一日中、ひとりで車を運転しておりました。

私の車はオーディオ機器が壊れてしまっているので、車内は大変静かな状態です。

長時間ひとりで運転していると眠くなってしまいます。

ですのでたまに奇声を発したりしています(笑)

今日も「ウギャー」とか「キエー」とか適当な奇声を発しておりました。

そのうち無意識的に「わたしはは本(もと)の神である」と声が出たんですね。

何言ってんだ俺は…、と思いつつも、「私はどうしたらいいのでしょうか?」と自分で自分に聞いてみたんですね。

そしたら「ゆるめ」との答えが。

なんだか意味深ですね…

チャネリングしてみた

そういう事がありましたので、帰宅後、チャネリングでブログのネタを聞いてみました(笑)

ハートチャクラあたりに意識をおろしながら

(ブログの読者様に伝える事はありませんか?)

と問い合わせてみました。

しばらくして浮かんできたのは「かごめかごめ」のメロディーです。

そして、かごめかごめについて調べてみよう、精神世界の鉄人様のブログに何か載っているだろう、と思いつきました。

なんで検索先まで思いついたのかは謎です…

為信神社と鳴門の仕組

さっそく調べてみると、精神世界の鉄人様のブログ内に「かごめかごめ」の記事が見つかりました。

こちらの記事になります。

ちょっと長い記事ですので要点だけ伝えさせて頂きますと、かごめ歌で示されているのは兵庫県にある「為信神社」なのだそうです。

とても面白い内容ですので、ぜひ読んでみて下さい。

今度は為信神社でググってみると、以下のサイト様に面白い情報が。

以下、抜粋させて頂きます。

案内板には鳴門権現発祥地跡・・・成卜(字)1568番地と書かれていましたが、この字は、聖都と私には響いてきます。

鳴門とは、成卜 ・・ 聖都 であると・・・。  徳島の鳴門の地名と、この場所とに大いに秘密が隠されているようです。

神示にも「鳴門の仕組」という岩戸開きに重要な仕組が登場します。

明らかに神示に関係ある神社ですね。

さらに気になったのがこちらのサイト様。

為信神社の写真を多数掲載されています。

色々と思いつくことがありすぎて何も言えなくなってきたので、抜粋のみさせて下さい。

「為信神社」の現在の主祭神は、「誉田別尊(応神天皇)」とされているが、それは「若宮神社」と「鳴門権現神社」を合祀したためのようだ。

「若宮神社」の主祭神が「誉田別尊(応神天皇)」だったのだろう。

神社の説明書きによると、本殿には「那留止大明神」と「若宮宮応神天皇」が祀られているようだ。

「応神」はこの前の続・日月神示の記事でも話題にしておりました。

他にも色々なヒントがありまくりで、この為信神社が超重要な所だというのがよーくわかりました。

もしかしたら私、本当にチャネリングしてるのかもしれませんね。

という事は冒頭で述べた通り、私は「ゆるむ」必要があるのかもしれませんね。

宇宙の大本の根源神のお告げが「ゆるめ」ですか(^^;

上森三郎先生?

という感じで、あまり面白い記事ではありませんが、暇つぶしになれば幸い…って、忘れてた!

チャネリングが本物だとしたら、この記事は当ブログの読者様に伝えるべき内容なのです。

上記で紹介したサイト様すべてで、「上森三郎」という方の名前が出てきていました。

こちらの方にご縁のある読者様がいらっしゃるのではないでしょうか?

誰かのお役に立てば幸いです。

それでは今日はこの辺で。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事