地縛霊の謎と霊界の仕組みを解明します

今日は地縛霊の考察と、霊界の仕組みに関して書きたいと思います。

エネルギー的な観点や日月神示の記述から、地縛霊の存在を考えてみると、かなり奥深いものが見えてくるのです。

長めの記事になりますので、長文苦手な方はご注意ください。

スポンサーリンク
広告336×280

地縛霊とは

心霊の世界では、霊を「浮遊霊」と「地縛霊」に分類しています。

浮遊霊とは、そこら辺をフラフラとさまよっている、ごく一般的な霊の事です。

これに対して地縛霊は、土地や建物に縛られた霊を指しています。

今回はこの地縛霊について考えてみたいと思います。

霊が特定の場所に縛られている状態とは、鎖で繋がれて動けなくなっている訳ではありません。

何かしらの理由があって、霊が自発的にその場に滞在し続けているのです。

その理由は、大抵が殺人事件です。

事件以外にも、無念の事故であったり、あるいは場所に対して生前に強い思い入れを抱いていた、などの理由もあります。

波動と地縛霊

波動の視点で考えると、あらゆる存在はエネルギーであります。

世間一般でも、霊とは肉体を失ったエネルギー体という認識が浸透しています。

これをもう少し厳密に定義すると、肉体もまたエネルギーですので、霊というのは肉眼の可視範囲外にあるエネルギーと考えるのが正しいでしょう。

この定義で改めて地縛霊を考察してみると、地縛霊とは特定の場所に意識をフォーカスし続けるエネルギーであると言えます。

分かりやすく例えるなら、仕事第一主義のワーカホリックが過労死して、自分のオフィスの地縛霊になるような感じです。

死後も「仕事しなきゃ!」という意識を持ち続けている状態ですね。

とはいえ、生前と死後で同じ意識状態を保ち続ける方は少数だと思われます。

仏教では死後49日経過すると成仏すると教えていますよね。

成仏とは、死んで、肉体の外に出て、環境の変化に適応して、三次元への執着を捨てる、という一連のプロセスを指しています。

このプロセスの完了までが約49日間。

そして49日経過しても成仏できないのが地縛霊です。

死んでも死にきれない、あるいは自分が死んだ事に気付けないほどの、超強力な執着を持っているエネルギー体が地縛霊なのです。

西洋と東洋の心霊文化の違い

このような地縛霊に対する認識は、かつては西洋と東洋で大きな隔たりがありました。

東洋では地縛霊を「人間の怨念」として認識しておりました。

しかし西洋においては、地縛霊が引き起こす霊現象を「歴史文化」として認識していたのです。

戦争や事件など、殺人に関係する場所において霊現象が発生する傾向は、西洋でも同じでした。

この現象を西洋の人は、死の間際に発せられた激しい感情が場所に転写された、という感じで認識していたんですね。

ですので西洋人は、地縛霊が起こす霊現象を、そこまで恐ろしいものとは見なしていなかったようなのです。

これはあくまで昔の話で、スピリチュアルが浸透した現代では、西洋人の認識もだいぶ東洋的になっています。

また、スピリチュアルが広まる以前においても、全員が霊現象へっちゃらだった訳ではないようです。まあ当然ですよね。

「ハイズビル事件」が霊の認識を変えた

画像出典元:YouTube

そんな西洋においても、霊の認識を改めるきっかけとなった出来事がありました。

それが19世紀アメリカで起こった「ハイズビル事件」です。

「フォックス事件」とも呼ばれています。

ニューヨークのハイズビルという所に、地縛霊がいる貸家があったんですね。

毎晩起こるラップ音を気持ち悪がって、数カ月で住人が出ていくような物件でした。

そんな貸家にフォックス一家が引っ越してきました。

一家の娘さんが思いつきから霊とコンタクトを取り始めます。

霊に質問をして、答えがイエスであれば2回ラップ音を鳴らす、という方法です。

このコンタクトにより、かつてこの貸家で殺人事件が発生しており、地縛霊の遺体は地下室に埋められている事が分かりました。

ハイズビル事件の反響は凄まじく、アメリカ全土だけでなく、海を超えたヨーロッパにまで事件が報じられました。

上で述べた通り、それまで西洋では霊現象を歴史文化として認識していましたので、まさか霊とコミュニケーションがとれるとは思われていなかったのです。

そしてこの出来事が、西洋におけるスピリチュアルの発展につながったのです。

東洋に欠けているのは西洋的視点

上記のエピソードを聞くと、心霊分野では東洋に一日の長があると思ってしまいますよね。

しかし、東洋にも西洋から学ぶべき点が多くあります。

それは西洋人の、地縛霊を歴史文化と認識するような、冷徹かつ合理的な視点。

東洋には科学的な視点が欠けていたのです。

このような見解は、近年の量子物理学の発達によって、徐々に明らかとなってきています。

また、かつて西洋で地縛霊の引き起こす霊現象を「死の間際に発せられた激しい感情が場所に転写された」と認識していたのも、波動の転写という観点で考えると実は正しかったと分かるのです。

科学的な視点から霊現象を解明する事は、見えない世界を正しく理解するために欠かせない視点であると考えます。

日月神示が教える霊界の仕組み

ここで一つ理解に苦しむ事があります。

なぜ地縛霊は場所に縛られ続けるのでしょうか?

上で例にあげたワーカホリックの人だって、死んだら仕事にならないのですから成仏するのが自然ですよね。

もう死んじゃってるんだから、三次元にこだわり続けるにしても限度があるでしょう。

ですが世界には、百年以上も昔の出来事に由来する心霊現象が、ゴロンゴロンと存在しています。

百年以上もこだわるなんてちょっと考えられませんよね。

職人も裸足で逃げ出すレベルです。

実は、このこだわりには、ちゃんと理由があるのです。

神道系の自動書記文書・日月神示には、霊界の仕組みに関する大量の記述があるのですが、答えはその中にありました。

それは、霊界にいる魂というのは変化に乏しい存在である、という記述です。

霊界の魂…神示では霊人と記述しているのですが、霊人は性質が似た者同士で、大なり小なりの集団を作って、共同生活をしているのだそうです。

スピリチュアルでいうグループソウルですね。

グループ内で閉鎖的な生活をしているので、異なる性質を持ったグループとはあまり交流を持たず、正反対の性質のグループともなると接触の機会すら無いそうなのです。

そして霊界には時間も空間も存在せず、グループ内で同一の性質を保ったまま、永久不滅で楽しい生活を送っているのだそうです。

つまり、霊人は成長しないのです。

進化の為に三次元は在る

霊人は基本的に変化しません。

変化するとしても三次元では考えられないほど、ものすごくゆっくりとした変化なのだそうです。

ですが、霊人にも成長の欲求があります。

霊界には階層が存在していて、最も高い階層に「根元の神」がいます。

霊は常に根元の神の在る方角を北(正面)として向いていて、北(正面)からのエネルギーを受けて無限の生命を得ているのです。

霊界の階層を上がって、根元の神に近い存在へと進化するのが、霊人の成長欲求なのだそうです。

しかし先にも述べた通り、霊界での成長は極めて遅いものです。

ですので、霊人は三次元の肉体に宿り、三次元の人間として活動するのです。

霊人のグループは、それぞれグループの代表となるような者を三次元へと派遣します。

三次元には様々なグループから霊人が派遣されています。

霊界では接触する事の出来ない、多種多様な霊人達が三次元に集結し、異なるエネルギーを接触させ、お互いに影響を与え合い、そして受け合います。

全ては進化のため。

三次元での経験が、霊界での進化に繋がるのです。

エネルギーで考える除霊のシステム

という訳で、いったん地縛霊になってしまうと、霊というのは自身の状態を変化させるのが困難なため、ずーっと同じ状態を保ち続ける事になってしまうんですね。

過労死してもう仕事ができなくても、仕事しなきゃ!という強烈な意識をなかなか変える事ができません。

ここまで霊の仕組みを理解すると、霊能者が除霊をするシステムも、理解できるようになります。

霊能者はまず霊のエネルギーと共振して、相手の事情を理解します。

場所にとらわれている事情を理解したら、そこにこだわる理由が最早存在しない事を教えてあげる。

つまり相手の変化をうながすためのエネルギーをあたえてやる訳ですね。

これによって霊のエネルギーも変化しますから、場所へのこだわりから解放され、晴れて成仏できるのです。

相手のエネルギーに共振した後、異なるエネルギー域への変化を促す行為は、自身のエネルギー状態を自由に変化させられる、生きた人間ならではのシステムですね。

霊能者とカウンセラーの手法は同じ?

こうやって除霊システムを論理的に考えてみると、生きた人間同士でも似たような事をやっていると気付きます。

カウンセラーなどは明らかに同じ手法で人を癒していますね。

エネルギー的な視点でいうと、ヒーラーも同じ手法なのでしょうか?

このような、相手と同調したうえで変化を促すような手法は、同類同士がグループを形成している霊界の閉鎖的な仕組みでは、試みる事すら不可能なやり方ですね。

さて、かなり長くなってしまいましたが、地縛霊のお話は以上で終わりです。

当ブログのアクセス数を解析してみると、長々とした記事は読者様方にあまり好まれていないようなので、明日からはアッサリ目の記事を心がけたいと思います(^^;

それでは今日はこの辺で。

3+
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事