あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

2015年ですねー。オカルトマニアとしては2012年の資本主義崩壊やら文明崩壊やらの予言が大きく外れてしまったことが残念でならないのですが、世の中の流れに逆行するように人生が順調に流れ始めておりますので、まあ良しとしましょう。

皆様の人生にも幸多きことを願っております。

予言といえば、この世界はいったいいつまで続くのか?

資本主義は世界規模でとっくに崩壊しているとか、マヤの週末予言には続きがあるだとか、地球はアセンション真っ只中だとか、まあ色々ありますね。

私が信仰する日月神示にも文明崩壊の予言はありますが、それに加えてこのような一節もあります。

「大難を小難にせよ」

正確にいうと日月神示は予言書ではなく、神様じきじきにお伝え下さった計画書です。

つまり神様が「世界はこういう風に運営していきますんで宜しく」と周知して下さっている回覧文書みたいなものです。

計画の中には、資本主義を崩壊させる、総人口を三分の一に減らす、などの記述があります。しかしこれはあくまでも計画。人間を改心させ世界を浄化するための計画です。ですからもし、人間が自主的に改心し、それに伴って世界も浄化されてゆけば、わざわざ物騒な天誅を下さずともよくなるのです。我々の心一つで、大きな災いも、小さな災いへと静まってゆくのです。

神様自体も、酷い事にならぬよう忍びがたきを忍んで計画を実施して下さっているとのこと。そういう意味では日月神示には警告書としての意義もあるのでしょう。

んで話を戻しますに、数々の滅亡予言が外れているのは良い兆候だと私は思うのです。大難が小難になっているな、と。

オカルトマニアのたわごとではありますが、予言が外れたからインチキだ、ではなく、少しずつでも世界が良くなっているから予言も外れているのだと思っているのです。

ここ数年の天災でご不幸に合われた方がおられましたら、上記の文章でご気分を害されたかも知れません。申し訳ありません。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


スポンサーリンク
広告336×280