シリカシンターを購入してみました

自宅で高濃度シリカ水を生成できるという「シリカシンター」を購入しました。

と言っても、まだ届いたばかりなので、あまり書けることはありません。

今日は簡単な紹介だけします。

スポンサーリンク
広告336×280

シリカシンターとは

私もつい先日知ったばかりなので、あまり詳しくは書けませんが…

シリカシンターとは、最近話題のシリカ水を生成する鉱石のことです。

シリカ水というのは、ケイ素が沢山含まれた水のことで、様々な病気治療に効果があるそうです。

私の場合は、右目の白内障治療を目的に購入しました。

そして本日、こういう感じの商品が届きました。

中央のパック状のものが商品です。

左側の印刷物は商品マニュアルです。

シリカシンターの使用方法が書いてあります。

右側にあるのはR1ザクです。

R1ザクは商品に付いてきません。

R1ザクはサイズ比較用です。

MS06R-1AザクはHGUC1/144スケールです。

とても分かりやすいサイズ比較ですね。

で、中央手前のティッシュに乗っかってる、金魚の水槽に入れるような小さな砂利が、シリカシンターです。

これを水に一晩入れておくと、石からケイ素が染み出して、シリカ水が出来上がる仕組みです。

今回購入した1パックは、およそ18年分の容量ということです。

えっ、18年!?マジですか!?

購入のきっかけ

引用元:YouTube

収入も少ないというのに、こういうものを購入するに至ったきっかけは、Twitterでシリカシンターを宣伝されている方の発言が、あまりに素晴らしかったからです。

こちらのアカウントのお方です。

陰謀論に相当お詳しい方のようで、単にシリカシンターを勧めるにとどまらず、支配者層に真っ向から対決姿勢を取る正義っぷりに惚れました。

今回購入した商品は1パック6,000円という、18年分入っているとは思えない値段なんですけれども、これは私のような低所得者にも行き渡らないと貧困の解消にならないから、という立派な志からの価格設定のようです。

発言からして、この方は完全にシリカシンターを製造している側の人ですね。

とにかく、このお方の大立ち回りが本物であると直感しまして、それで購入した次第です。

もしシリカシンターに効果がなかったとしても、後悔しないと思います。

基本的な使い方

使用方法はマニュアルに書いてありますが、少し分かり辛い所もありましたので、補足がてら説明しますね。

まずはシリカシンター約300gをザルで洗います。

3~5回、水洗いします。

洗い終わっても、シリカシンターから出る濁りは消えませんが、問題ありません。

これを水筒か何かに入れます。

マニュアルには、約300gのシリカシンターを、1ℓ用の水筒に入れて、1ℓのシリカ水を作ると書いてあるのですが、この方法だと水筒に1ℓの水が入らないので注意しましょう。

私は1.5ℓ用の水筒を使ってます。

これに水を入れて一晩おけば、シリカ水が完成します。

濁り水ですが、問題なく飲めます。

水筒内のシリカシンターは捨てずに使いまわします。

毎日、寝る前に水を注ぎ足して、翌日分のシリカ水を作る感じです。

計算では6年くらい交換せずに使い続けられるようです。

商品情報

こちらの会社様が商品の製造を行なっているようです。

しかし実際に販売しているのはこちらの会社様のようで、関連性がよく分かりません。

両方紹介しますね。

こちらの会社様はケイ素クッキーを開発された所だそうです。

私のAmazonアカウントでも紹介させてください。

効果が未知数な現段階で宣伝するのもアレですが、とりあえず紹介だけ。

今日は以上です。

効果が現れたら、また報告します。

【追記】関連記事のご紹介

よろしければこちらの記事もどうぞ!

1+
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事