抑圧された感情と身体の関係①

このあいだ紹介したやまがみてるおさんの動画で、感情を抑圧するプロセスを解説されていて、それがすごく頭に引っかかっていたんですね。

それで数日前から抑圧されえた感情を開放するために色々やってるんですけど、これを説明するのが難しい。

話があっちこっちに飛ぶんです。

ですがとても有意義な話なんで、とっ散らかってしまいますが書いてみます。

最初に整体の話。

私が初めて感情の抑圧を意識したのは整体にお世話になったときです。

学生のころから胸部に痛みがありまして、病院に診てもらっても異常なし、胸骨の神経痛だと思うから整体に行けとアドバイスを受けました。

んで整体に診てもらうと「これは中学生くらいの頃に嫌な思いをしたのが原因で~」とか言われたんですよ。

他にも身体のあちこちをゴリゴリやられながら、なぜか整体の先生が知るはずのない私個人の私生活についてアレコレ指摘されまして。

その時の経験と、それ以前にも霊能力のある整体の方とお話する機会とかもありましたので、整体師さんには超能力を持った方が多いと結論付けておりました。

次にリズ・ブルボーさんの話。

リズ・ブルボーさんはカナダのヒーラーの方で、私はこの方の本を何冊か所有しております。以下の3冊です。

あなたは誰?―すべてを引き寄せている〈自分〉をもっと知るために

〈からだ〉の声を聞きなさい―あなたの中のスピリチュアルな友人

自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ

この方は身体と霊の関係性を解説した本を主に執筆されておりまして、身体にこういう特徴のある人はこういう人だとか、この病気の原因はこういうスピリチュアルな理由があるとか、そういう面白い事を教えてくれるわけです。

リズさんの本を読んだ結果、病気と感情には関連性があると分かりました。

次に潜在意識の話。

ここ最近、立て続けに潜在意識の記事を書いております。

この中で「潜在意識にマイナス要因があると~」「過去の経験から悪い思い込みが潜在意識に~」という感じで、潜在意識に思考や感情が滞留すると書いておりました。

これってヒプノセラピーで教わったことの受け売りなんですが、まあ潜在意識って見えないですから、この理論に関して何の疑問も感じていなかった訳ですね。

ところがですね、ネットで面白い情報を得まして。

ちょっと情報元のサイト様を見つけられないんですが・・・

確か、潜在意識の情報とは、身体に記憶されている情報であると。

そういう感じの事を書いていたんですよ。

これがものすごい引っかかりまして。

確かに、人間は脳だけでなく身体全体で情報を記憶しているという説がありまして、これは臓器移植とかのエピソードからも信ぴょう性を感じております。

それに上記のリズ・ブルボーさんの本からも、身体と感情に関連性があることは分かっておりましたので。

最後にヒプノセラピーの話。

以前の記事でも書きましたが、私はヒプノセラピー受診後に身体のあちこちが痛くなりまして。

これは心のブロック解除による好転反応だそうで、数日から数週間で痛みは消えると教わっておりました。

具体的には「頭」「首」「腰」「背中」「右肩」です。

そしてなんと!このうち「腰」と「右肩」は未だに痛いのです。

これらに加えて学生時代からの「胸部」の痛みと、最近新たに発生した「左腕」の痛みもあります。

私の身体は現在「胸部」「腰」「右肩」「左腕」が原因不明の慢性的な痛みにさらされているのです!(>_<)

で、話は最初に戻って、やまがみてるおさんの動画。

これを見て、これまで蓄積した色々な情報が統合されつつあるんです。

ヒプノセラピー受診後の好転反応というのは、ブロック解除によってエネルギー経路が開放されて、抑圧されていた感情エネルギーが流れ出すことによる痛みであると分かりました。

痛みを伴うエネルギーですから、ここで抑圧されていたのはネガティブな感情なのだと思います。

ところが数年経過しても未だに痛み続ける箇所がある。

それにセラピー関係なく長期間慢性的に痛み続けている箇所もある。

最近になって新たに発生した痛みもある。

これらの痛みは、ここ最近に得た知識によって解消できるのではと考えました。

抑圧されていたエネルギーとは、おそらくネガティブな感情エネルギーです。

これらのエネルギーは、エネルギー経路が開放されたにも関わらず正常に流れていかないため、痛みが解消しないのではと推測できます。

ではこのエネルギーを流すにはどうすれば良いか?

恐らく、感情を認識し、受け入れることにより、エネルギーが流れるのだと思います。

これはやまがみてるおさんの動画で解説されておりました「思考観察」という手法ですね。

思考や感情を抑圧せず、これらが起こるがままに任せ、意識だけを切り離して観察する。この手法によってエゴを消滅させるのだと。

私もこの手法を取り入れて、現在、身体の痛みから感情を発生させ、これを受け入れる試みを行っております。

経過は今のところ順調で、おそらく私の推測は当たっていると思います。

この推測が正しいとなると、身体の記憶と潜在意識が関連していること、身体の痛みを解消することは「心のブロック解除」や「エゴの消滅」と関連していることが証明されますね。

この話題はまだまだ書くことがありますので次回に続きます。


以下、連載記事です。
よろしければ続けてご覧ください (^_^)

抑圧された感情と身体の関係①
抑圧された感情と身体の関係②
抑圧された感情と身体の関係③

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

スポンサーリンク
広告336×280