共感能力を考える

昨日、今日と久しぶりに休めました。

占星術的には水星の逆行も終わりかけていますし、そろそろ忙しいのも一段落するのかもしれません。

先月の4月後半からずっと働きづめでしたので、久々に休むと脳の疲労が実感できます。

そんな調子でしたのであまり書けるネタもないのですが、一つだけ変わったことがありました。

この間また予知能力的なものが発動して、朝からなんとなく気になっていた事が実際に起こるという出来事があったのです。

この出来事を通してなんとなく感じたのは、これは予知能力ではなく、共感能力ではないだろうか?というものです。

シンクロニティと近いのですが少し違います。

その根拠として、私自身にはエンパス能力の他に、また違った特殊能力があります。

それは音楽関連の能力でして、イントロを聴いただけで何の曲か分かるというものです。

詳細に言いますと、CMとかで流れる曲ってサビしか聴けないですよね。

そういう「楽曲の一部分しか知らない曲」「なんとなく聴いたことがあるレベルの曲」でも、有線放送などでイントロ部分をほんの少し・・・1秒未満ですね、聴いただけで「これはあの曲だな」と分かるのです。

この能力が共感能力とどう結びつくのかというと、これだけだとまだ能力自覚に薄いのですが、もう一つ音楽関連で不思議な出来事があります。

それは断食中に起こった出来事です。

自宅で仕事している最中に音楽をかけようと思い、かなり以前に焼いたCDRを引っ張り出したんですね。

100円ショップで売っているCDRにジャンル別で適当な曲を焼いたもので、複数枚あったのですが、タイトル等記入しておらず、なおかつ以前に作成したものなのでどんな内容のCDが存在しているかも記憶に薄い。

実際に再生してみないと何の曲が入っているのか分からない状態でした。

それがですね、CDRを手に取った瞬間に脳内で曲が思い出されたんです。

「そういえば○○の曲を焼いたな」と思いました。

実際に再生してみると、まさに思い浮かんだ曲が流れたわけです。

以前ブログのコメント欄にてchiさんより「美しき緑の星」という映画を薦めて頂きました。

その映画の中で「音楽CDに記録されている波動を読み取って脳内で曲を聴く」という場面がありまして、まさにそれと同じような現象が起こったんです。

これらの音楽関連の能力と、私自身のエンパス能力、そして先にお話した予知能力的な出来事を合わせて考えますに、私は脳内で何かしらの波長・波動を読み取っているだと思うのです。

未来の情報を読み取っているのではなく、現在の情報を読み取っているのだと思われます。

自分の身の回りにある波動。

物質、他人の思念、既に起こっている現象、起こりつつある現象。

そういった波動を受信し、理解できる情報として脳内再生する。

これが共感能力なのではないかと考えます。

脳が疲れました、まだ本調子ではないようです。

今日はこれまで。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


スポンサーリンク
広告336×280