心に従って遭遇した「今ここしかない」瞬間

ご無沙汰しております。

一ヶ月以上も更新できないでおりました。理由は後述します。

自身の体調変化とか色々報告したい事はあるのですが、それよりも今日は、数日前に体験した出来事について書こうと思います。

スポンサーリンク
広告336×280

鬱屈とした状態

ここの所ずっと鬱屈とした精神状態にありました。

MRT仙骨良法による逆行症状かとも思いましたが、そうではなく、霊的な段階が1段階上がった為だと推測されます。

霊的段階の上昇に関する詳細は、ブログを更新できなかった理由とも重複しますので、本記事の最後に書きます。

なんとか精神状態を改善したいと思いつつも、改善策見つけられないまま、一ヶ月以上を過ごしておりました。

興が乗らないまま、相変わらず時間だけがたっぷりある生活は、とても退屈なものでした。

しかし、ある時ついにフラストレーションが溜まりきったのか、胸焼けのするような体調におちいってしまったのです。

これはいよいよどうにかしなければと、真剣に対策を講じる事にしました。

どうすればいいのだろうかと、瞑想にて自問自答してみると、なんだかスポーツジムに行くのが良いみたいだと浮かんできました。

私の住む町にもスポーツ施設はあるものの、あまり立派ではないので、近隣のジムが良いだろうと考えました。

候補は2ヶ所あったのですが、瞑想してみると、ちょっと遠くの町のスポーツジムなら、帰りがけに温泉にも寄れるので、そちらが良いみたいだなと浮かびました。

ジムで汗だくになって、そのまま温泉に行くのもなんだか嫌だな、別に温泉に行かなくてもジムのシャワーでもいいじゃないか、もう一方の近い町のジムでもいいじゃないか、と自我では思うのですが、なぜだか温泉が気になります。

という訳で、温泉に行くか行かないかはさておき、とりあえず遠くの町のジムに行ってみたのです。

4年ぶりにジムへ

ちょうど当ブログを開設する前まで、私はスポーツジムに通っておりました。

ブログ開設の頃は本当に色々な事がありましたので、忙しさのあまりジムに通えなくなり、そのまま通う習慣までなくなってしまいました。

かなり熱心に通っており、筋力もまあまあありましたが、今では見る影もありません。

そんなこんなで約4年ぶりにスポーツジムに行ったのですが、さすがに筋力は衰えまくっていました。

以前はベンチプレスMAX70kgの中級者レベルだったのが、今や30kgで限界です。

腹筋など、やってる途中で筋肉がつってしまう始末。(恥ずかしい!)

しかしルームランナーで走るのは衰えていませんでした。

やはり脚力は日常生活で使いますから、そう簡単には衰えないのでしょう。

そんな感じで、なかなか充実した時間を過ごす事ができました。

トレーニング後にシャワーをあびようと思ったのですが、そこの施設にはシャワーがありませんでしたので、結局、温泉に行くことに…

露天風呂で光明を得る

その温泉は日帰り入浴可能で、そこそこ風情があり、内風呂の他にささやかな露天風呂があります。

天気はあいにく小雨が降っておりましたが、そのおかげで露天風呂を利用している客はいません。

その様子をみた私は喜び勇んで露天風呂へと向かいました。

ほどよい疲労感、屋外の解放感、風情ある露天風呂。

これらの要素が渾然一体となり、日常を忘れてしばし情景に浸ります。

……!?

あれ?、と、我に返りました。

今の瞬間は何だったのだろう?

露天風呂に入った時の、日常を忘れて、まるで、全てが無くなったような、あの瞬間は。

その後しばらく、この瞬間について頭を巡らしてみたのですが、あまり論理的な結論には至りませんでした。

その瞬間に起こったことは、そこまで特殊な体験ではありません。

誰しもが年に1~2回は体験するような、特定のシチュエーションに遭遇した際に覚える、我を忘れるほどの解放感。

しかしスピリチュアルに通じた人であれば、この感覚が特別なものであると気付くかもしれません。

この感覚には「今ここしかない」のです。

今ここしかない瞬間

この時の「今ここしかない」は、眼前の物事に集中している時の「今ここしかない」とは、全く異なる感覚でした。

はっきり言って別格です。

おそらくスピリチュアルの覚者が言う「今ここしかない」とはコレなのだと思います。

真我・ハイヤーセルフと常時直結している状態の「今ここしかない」というのは、この状態が、常態になっているのだと思います。

この状態をできる限り論理的に解説してみます。

まず眼前の物事に集中している状態は、日月神示にて「畑を耕す百姓が鍬を持っている事を忘れている状態」と例えられています。

この状態で人間は、思考や、肉体感覚や、時間感覚、自我さえもが無くなり、ただひたすら行為に没頭しています。

行為を介して「今ここしかない」状態に成っています。

私が温泉で体感した「今ここしかない」状態の場合、上記のシチュエーションから「行為」を抜いたような条件で発生しています。

例えるなら「畑の真ん中で百姓が我を忘れている状態」と言えるでしょう。

百姓が畑を耕しておらず、鍬を持っていなくても成立する状態です。

では、この状態での「今ここしかない」の発動条件は何か?

1つは観測です。自分を取り巻く環境を観測しています。

そしてもう1つは歓喜です。環境を観測して喜んでいるのです。

私の場合は、運動による疲労感と、露天風呂による解放感により、歓喜が呼び起こされ、観測のみによる「今ここしかない」が実現したのだと推測します。

上記の百姓の例であれば、実りの秋を迎えて立派に育った農作物に歓喜し、畑の真ん中で「今ここしかない」状態に達する、というシチュエーションが考えられますね。

世界を広げるとは

以上の体験を経て、ひとつ腑に落ちた事があります。

それは以前の記事で紹介した、ハイヤーセルフからのメッセージです。

ハイヤーセルフからのメッセージを抜粋しますね。

私は、あなたがもっと実際に、自分で動くということを覚えて欲しいと思う。

あなたなりに、一生懸命いろいろなことを考えてみようとして欲しい。

広い世界の中、わざわざ狭い世界に移り住むようなことをしてはならない。

特に、あなたが苦手なことを、本当に苦手なのかどうか検証してみることも必要。

いまの状況をなんとかするのではなく、世界を広げようとすれば、おのずと答えは見えてくる。

当たり障りのないことばかりおこなっていては、答えは出ないと思う。

勇気をもって何かをおこなうというより、あなたが世界を広げるということは、得をすることだという認識が必要。

そのように考え、もっと多くを見て聞いて、話をするということをおこなって欲しいと思う。

このメッセージの中の「世界を広げる」という行為が、具体的に何なのか、分かった気がしました。

それは特定の行為を指しているのではなく、今回の体験のような、観測のみで「今ここしかない」瞬間に至れるような、そのように成れる手段を探せ、という意味に思えたのです。

スポーツジムに行った後、露天風呂に入る。

このような、自分が歓喜する手段を探せ、と。

今ここしかない瞬間に至れる手段を多く知り、今ここしかない瞬間を多く体験せよ、と。

これはスピリチュアルで言われている、魂が三次元世界を体験しに来た理由そのもの、のような気がします。

記事を書けなかった理由

最後に、ブログ記事をなかなか書けなかった理由について、書いてみたいと思います。

冒頭でも書いたとおり、これは私自身の霊的段階が上がった為だと思うのですが…

他のスピ系ブログを読んでいると、ブログ管理者様の霊的段階が、なんとなくわかるようになったのです。

で、私は以前から、頭で理解しただけで全てを体得したつもりになるのは良くない、と言っておりましたが、そういうブログ様がかなり多いと分かってしまったのです。

それだけならまだしも…

これ以上は止めておきます。

このようなものが分かってしまうと、私自身も情報発信に抵抗を覚えるようになりました。

また、このような状況を糾弾したい、他者をジャッジしたい、という欲求も出てきたのです。

特にこの、他者をジャッジしたいという欲求は、私なんぞよりも遥かに優れた先達の方々のブログでも、拝見することが多々あります。

恐らくこれは、ある程度の段階になると現れる、いわゆる「魔境」という奴なのかもしれません。

瞑想の世界でも、ある程度の高みに達するとエゴが増大する「魔境」があるらしいですね。

…という感じで、このようなネガティブな内面変化に対応できず、なかなか記事を書くことができませんでした。

ネガティブな情報発信はエネルギー循環的にあまりよろしくありません。

読者の皆様も、ブログ更新の際や、掲示板等への書き込みの際には、どうぞお気をつけ下さいませ。

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


コメント

  1. 柔らか より:

    初めて書き込み失礼します。
    2chの不食実験の時から拝見させていただいています。
    精神的にとても凄い変化が徐々にでも確実に起きているようで興味深いです。
    私も去年から大きく行動や考え方が変化しています。
    どうすればよいのか解らないときは瞑想をするとヒントが表れるのですね。

    私はある人に生きる意味は幸せの創造と教えていただいたのですが、
    IT-Searcherさんの「自分が歓喜する手段を探せ」という意味なのかもしれないですね。
    とても参考になりました。ありがとうございます。

    • it-searcher より:

      柔らかさん、はじめまして!…でしょうか?
      もしかして、お久しぶり、ですか?
      ともあれ、コメントありがとうございます!

      なんと、不食実験からのお付き合いとは!
      という事はオカルト仲間ですね。
      当時のオカ板の思い出を共有するお仲間に会えて嬉しい限り。
      長年お付き合い頂けて、本当に光栄です!
      今後とも宜しくお願いします!

      生きる意味は幸せの創造、的を得た良い言葉ですね。

      今年に入ってからのアセンション情報によると、現在アセンションの流れに乗っている人は、自分自身にとって不要になった波動を切り離す作業を行っているのだそうです。

      自分本来の波動にマッチした事象だけを残し、それ以外は捨て去る。
      まさに柔らかさんのお言葉どおり、自分が楽に生きられる幸せな生き方を、強制的にではありますが、創造する段階に入っているのでしょうね。

      瞑想して答えを得る、というやり方ですが、私の場合はどうも「あるがままに生きる」という名著を書かれた足立幸子様が提唱する「直感に従う」という方法と、かなり酷似しています。

      この方法は一般的な瞑想とはちょっと違うのですが、一般的な直感ともちょっと違うのですね。真我から発せられる「なんとなく」をキャッチするのです。

      これは次回以降の記事で書ければと思っておりますので、宜しければまたお付き合いください。

  2. 柔らか より:

    it-searcherさん
    お返事ありがとうございます。
    私は当時の2chでは書き込みをしてはいないので、はじめましてですね。
    私もぜひ、今後ともよろしくお願いします。
    2chでは凄くアグレッシブかつ楽しそうに不食に挑戦して様子に影響を受けワクワクしながら進展を期待し、it-searcherさんのように私も出来るんじゃないかな?と感じ楽しくそして少し憧れをもち見せさせていただきました。

    このブログは私が疑問に感じていたことが理解しやすい記事としてまとめられていて
    読むことでさらに興味深く世界を見ることができ楽しく、PC前で直ぐに時間が過ぎてしまうほどです。

    >>今年に入ってからのアセンション情報によると、現在アセンションの流れに乗っている人は、
    >>自分自身にとって不要になった波動を切り離す作業を行っているのだそうです。

    >>自分本来の波動にマッチした事象だけを残し、それ以外は捨て去る。

    今年のアセンション情報をありがとうございます。
    そのような情報があったのですね。これはとても実感しています。
    今年から一人の人物に悪態をつかれ続け体調を崩していたのですが、それをきっかけとしてこの言葉を教えてくださった人物の助けを受けて距離を置く方法を学び回復し、さらに思いもよらないところに進んでいる最中です。対人恐怖症で人見知りでしたが合気道を始め、共に学ぶ素晴らしい先輩に恵まれています。さらに初めてのことにも挑戦しようとしています。
     私は創造する段階に入っています。it-searcherさんの情報と書き込むことが気付きにつながりました。本当にありがとうございます!

    詳しくそして丁寧な返信をありがとうございます。

    今少し迷っていることがあり、ふっと不安がよぎるので
    ”真我から発せられる「なんとなく」をキャッチする”の記事を楽しみにしています。

    • it-searcher より:

      こちらこそ、ご丁寧なお返事をありがとうございます!
      よもや10年以上前のことでお褒め頂けるとは思ってもみませんでした。

      残念ながら不食は達成できていませんが、少食のおかげでしょうか、私の外見年齢は当時からさほど変わっていません。
      これもある意味、不食実験の成果報告ですね。

      ブログも評価して頂いてありがとうございます。モチベーションが上がります!

      柔らかさんも人生が急展開中とのことで、これは本当になによりでございます。
      私自身、色々と試行錯誤して生活を激変させてきたのですが、周囲に同じような人間は少なく、人生が変なことになっているのは実は自分だけなのでは?と疑問に思うこともしばしばでして。
      ですので、変化の大波が訪れている方とお話できるのは、私としても勇気づけられるのです。

      合気道も素晴らしいですよね!
      組み合う系の武術は、無自覚に相手との気の循環を行っているようですので、人見知りなんて自然と治ってしまいますよ。

      次の記事は…なんとか今月中に書きたいと思っています! (^_^;;

  3. 柔らか より:

    食を減らすことだけで外見年齢が変わらないのは凄いです!
    私も小食にしてみます。

    人生の急展開ですが、私は何度も人間関係がグチャグチャになり切り離され、
    過去の人と精神的にも分離して孤独を味わった後で今の人達と出会いました。そして「弱さを隠さずに自己表現をする」とも教えていただいたので、今までと間逆の行動を覚悟をもち行っています。
    人に対する認識が180度変わりました。そのことで世界と精神と行動が共に変わりました。

    合気道のことを褒めていただいて何だか恥ずかしいです。でも嬉しいです。ありがとうございます。相手との気の循環!知りませんでした。it-searcherさんは物知りですね。
    人見知りが治るとは驚きです!
    ちなみに合気道は「相手をブチノメス系」の思考で戦うものではなく、「殺しにきた相手と友達になる」ことが根底にあります。さらに効きそうで楽しみです。

    私の迷いですが、このオカルト実験室で今日偶然開いた記事に答えがありました。
    ありがとうございます。急かしてしまったようでごめんなさい。
    ですのでit-searcherさんも無理なさらずに、ゆっくりご自身のペースで満足のいく記事をUPしてください。のんびり楽しみにしています。
    返信は不要です。ありがとうございました。