MRT仙骨良法を受けてきました

前回の記事から間が空いてしまいました。

ブログ記事を書くのには頭を働かせねばなりませんが、そういう習慣がすっかり無くなってしまいましたので、なかなか手をつけられずにおりました。

相変わらず雑な記事になってしまいますが、ご容赦ください。

スポンサーリンク
広告336×280

MRTで仙骨治療を受けてきた

当ブログの読者様ならご存知かと思いますが、私は負担の少ない労働による生活を行っております。

ですのでお金はなかなか貯まらないのですが、最近は少し収入も増えてきたため、気付くとそこそこの金額が貯まっておりました。

で、貯まったお金をしみじみと眺めておりましたところ、脳裏に「仙骨療法が受けられるじゃない!」という思いつきが走ったのです。

という訳でMRT埼玉に行って参りました。

MRT(マート)というのは、仙骨瞬間無痛良法を行っている団体で、全国11カ所にオフィスを構えて仙骨調整を行っています。

MRTの公式ホームページはこちら。

私の住む青森から最も近いのが埼玉のオフィスでした。

昔は仙台にもあったそうですが、震災を機に撤退してしまったとのこと。

私は震災以前に仙台に住んでいたので、なぜその頃にMRTの存在を知れなかったのかと、勿体無い気持ちになりました(^^;

仙骨の簡単な説明

仙骨は腰の中央にある骨で、人体の中心にある神秘の骨と言われています。

この骨は潜在意識とつながっているそうで、あらゆる人間活動の起点となる役割を果たしているそうです。

スピリチュアルでは精神性の高さの基準として「波動が軽い」とか「振動数が高い」などと言いますが、人体における波動だの振動数だのの発生源も仙骨のようなのです。

重要な役割を持っている仙骨ですが、潜在意識とつながっている骨だけあって、人の心のありようによって仙骨の位置は歪んでしまい、その歪みが様々な病気を引き起こします。

この歪みを正すのが、MRTで行っている「仙骨瞬間無痛良法」なのです。

仙骨に関しては以前にも記事を書いておりましたので、興味がある方は合わせてどうぞ。

仙骨調整の内容

具体的な仙骨の調整の方法に関して書きます。

仙骨に関して知識にある方はご存知かと思いますが、施術は信じられないくらい簡素なものです。

  1. 腰のあたりで磁力測定する
  2. 変なベットに寝かされる
  3. ベットの腰のあたりが浮く
  4. ベットの腰のあたりが落ちる

以上です。

一連の流れを解説しますと、まず腰のあたりの磁力測定で、仙骨を動かす方向を調べます。

仙骨には、仙骨自身が動きたい方向というものがあり、仙骨が動きたい方向へ動く事と、心身が健全な方向に変化する事は、イコールなのだそうです。

ですので、リーディングペンシルという器具で仙骨の動きたい方向を測定し、ベットに寝かせて腰に衝撃を与える事で、仙骨の位置を調整し、希望の方向への移動を手助けしてやるのですね。

ここで腰に与えられる衝撃も微弱なものです。

なんでも、強い衝撃だと耐ショック反応を起こすので仙骨は動かないのだそうです。

リラックスした状態で、微弱な、ちょうどいい衝撃を与えると、仙骨が動くそうです。

仙骨先生との相違点

ネットで仙骨について調べた経験のある方なら、ほとんどが「仙骨先生」の情報にたどり着くはずです。

こちらのブログ様の、一連の記事がとても面白いです!

で、この仙骨先生は何者かというと、天下泰平様の記事によると、MRT創始者・内海康満先生のお弟子さんなのだそうです。

調べてみるとMRTという組織はフランチャイズ形式で規模を拡大しているところのようで、仙骨良法に関しても、(内海先生の著書によると)基本的には誰にでも習得できる技術なのだそうです。

そういう事ですから当然、仙骨良法の技術を習得後、MRTに所属せず独立される方も多いようなのです。

恐らく仙骨先生も、そのような経緯で独立された方なのだと思われます。

さて、ネット上で有名な仙骨先生の施術と、MRTの施術、どのような違いがあったかを書いてみますね。

  • カチカチしたあとケホケホしなかった
  • 変な運動靴は履かされなかった
  • 霊的な話は一切されなかった
  • 患者?の病状にはあまり関心がなさそうだった
  • 「せんこつくん」など様々な健康マシンを利用できた
  • 「道術」という合気道っぽいものを体験できた
  • 健康グッズのセールストークが多かった

以上です。

詳しいことは次回以降の記事で紹介したいと思います。

経過を観察します

今後しばらくは、MRTの仙骨良法を受けた後の経過観察を記事にしていきたいと思います。

また本来のMRT良法は、1度の施術で終わりではなく、継続して通院することで体調を改善していくものとなります。

私は経済的な事情から通院する事はできませんが、お金に余裕ができたらまた行きたいと思っています。

とりあえず長くなりましたので、今回の記事はここまで。

施術の感想や、術後の変化などは、次回以降の記事で書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

あと余談ですが、前回記事のコメント欄でお話していた、イルカショーの写真を公開しますね。

イルカ速いのでボケまくりです(^^;

それでは今日はこの辺で。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


コメント

  1. k より:

    仙骨良法ですか!経過報告楽しみにしてます。

    イルカは本当に素早いですよね。
    横顔が笑ってる感じで和みます(*^^*)

    • it-searcher より:

      イルカ喜んで頂けたようで何よりです!
      2匹いるうちの手前のイルカがですね、私が偶然出したハンドサインに反応してくれて、エコーロケーションをやってくれたんですよ。
      水槽の分厚いガラス越しでしたが、超音波が体内で反響しているのが分かりまして、とても貴重な経験をさせてもらえました。

  2. より:

    おお!凄いですね!
    itさんのこと仲間かと思ったんじゃないですかね!
    いいなぁ…私も久しぶりにイルカに会いたくなりました。
    じゃあこの写真、ホントに笑ってるのかもしれませんね。

    • it-searcher より:

      ありがとうございます!
      イルカもkさんを待ってますよ!