シリカシンターに含まれるケイ素がアセンションで重要だった件

当ブログではシリカシンターに関する記事をいくつか書いてきましたが、本日の記事は特にスピリチュアル色が強いです。

健康知識が目的の方はついて来れないかもしれません。

ですが、地球に生きる全ての人類が知るべき情報であると、個人的に思っております。

興味のない方も一通り読んで頂けたら幸いです<(_ _)>

スポンサーリンク
広告336×280

セドナの土とケイ素

思わぬ形で、シリカシンターがアセンションに繋がってしまいました。

きっかけはこちらの記事です。

アメリカにはUFO目撃多発地帯として有名な「セドナ」という地域があります。

そこの土が、なんと食べられるとのこと。

しかもケイ素が含まれているので、とても健康に良いというのです。

そしてさらに、この土はネイティブアメリカンのチャネリング情報によって開発された商品化されたというではありませんか。

ケイ素に関しては当ブログでも、シリカシンターの記事で取り上げておりました。

しかしシリカシンターには「ソマチッド」や「ニュートリノ」など、オカルト的に面白そうな要素が多数含まれておりますので、そっちの調査に夢中になり、ケイ素に関しては片手落ちになっていました。

ですので上記の記事によって、ケイ素にもスピリチュアル要素があると分かり、少々面食らいましたね。

シリカシンターって実はかなりオカルトな商品なのかもしれません!(今更)

日月神示と土食

セドナの土が食べられる、という事実も驚きですね。

先のブログ様によると、セドナという土地は一度も海中に在ったことが無いらしく、過去に真水に発生した藻が化石となっている地層があるようなのです。

その地層の土が食べられるのだそうです。

土を食べるなんてとんでもない!とお思いの方も多いでしょう。

しかし先のブログ様では、NASAの宇宙飛行士も粘土食をしていたと述べています。

また、当ブログで度々とりあげている、神道系自動書記の日月神示にも、土食に関する記述が多々あるんですね。

以下のサイト様から一部抜粋させて頂きます。

「星座の巻」 第十七帖

土のまんぢうと申してあろう、土が食べられると申してあろう、

土から人民を生んだと申してあろう、

ウシトラコンジンの肉体は日本の土ざと知らしてあろう、

土に生きよと申してあろう、地は血素盞鳴命様であるぞ、

その土が生長して果ての果てに皮をぬぐ、それが地変であるぞ。

以上です、ありがとうございます。

という感じで、オカルト・スピリチュアル界では、土色は意外とポピュラーな話題なんですね。

実際に食べてる人は少なそうですが。

ケイ素とアセンション

ケイ素と日月神示にも関連があるのかなーと思い、色々とググってみましたが、どうも土食以外の関連は無い様子。

その代わり、ケイ素はアセンションと関係があるようです。

アセンション(次元上昇)が達成されると、人間はライトボディと呼ばれる半霊半物質の肉体に変容すると言われています。

スピリチュアルに詳しい方なら、一度はライトボディという単語を聞いた事があるのではないでしょうか。

で、このライトボディは、別名クリスタルボディとも言われているらしいのですが、この別名の由来がケイ素と深く関係しているのです。

クリスタルボディというのは文字どおり、身体の細胞の構造がクリスタル化した状態だそうです。

詳しいことは概要程度にしか分からなかったのですが、どうも人体を構成するアミノ酸や脂肪などの成分は、炭素ベースで作られているようなのです。

これら炭素ベースの成分が、クリスタルボディではケイ素ベースになるのだそう。

クリスタル(水晶)はケイ素で構成されています。

だからクリスタルボディという別名が付いたのですね。

ケイ素と松果体

人体のケイ素化で特に注目されているのが、松果体です。

松果体とは脳の中央あたりにある、どんな機能を持っているのか医学では分かっていない器官のことです。

オカルト分野では「第三の目」とも呼ばれ、超能力発動の鍵とされている器官です。

で、クリスタルボディ化すると、この松果体が活性化するのだそうです。

なぜかというと、松果体は元々クリスタル結晶構造をしているから。

だから肉体のケイ素化が進むことにより、松果体もスムーズに活動できるようになるんですね。

ちなみに松果体が活性化すると、テレパシー能力が目覚めるそうです。

私は元々エンパスで、不完全ながらテレパシーをやる時もありますので、こういう能力がどういう性質のものなのかは理解しています。

正直これ以上能力が発達するのはめんどさいなあ、というのが本音です。

と言いつつも、最近ツイッターでネット越しに繋がると、あからさまに「接触」が分かるのですが、進化した人と繋がるのはあまり苦ではないです…

アセンションにおけるクリスタルボディの必要性

私はもともと日月神示の情報を多く得ていたので、半霊半物質の肉体というものは、大峠(第三次世界大戦的な破局)を乗り越えるために必要なのだと信じていました。

しかし数年前からの個人的な直感では、どうも大峠は来ないっぽいなーと感じています。

大難が小難になったなと感じておりました。少なくともこの並行世界では。

ですので漠然と、半霊半物質の必要性も薄れているのかな?と思っていましたが、どうやらそうでもないらしいのです。

こちらのサイト様の記事がとても分かりやすかったので、抜粋させてください。

「波動」の低い「炭素基の肉体」は「5次元の高い波動」に持ち堪えられません・・・

どう持ち堪えられないかは、見た事が無いけれど・・・

「電子レンジでチン!」・・となった後のブロック肉が近いのかもしれませんw

そこで「波動」が高くても使える「身体」にする為に、今度は「ケイ素基」・・「ケイ素」を基にして造られる「身体」に変わります・・・

「ケイ素」が基なので「クリスタルボディー」と呼ばれています・・

この呼び方も良く目にしますよね・・・

ちなみに寿命は数千年と聞いています。

以上です、ありがとうございます。

現在は地球そのものの波動があがる形でのアセンションが進んでおりますが、どうやらクリスタルボディ化しないと新しい地球には適応できないっぽいですね。

となると、アセンションしない組との二極化って、わりと深刻な事になるのかもしれません。

てっきり同じ惑星内の異なる波動域で共存するのかと思っておりましたが…

シリカシンターは重要かもしれません

以上の情報を踏まえて考えますに、クリスタルボディへの変容において、ケイ素を含んだシリカ水は多いに役立つと推測できます。

ということは、シリカ水を大量生産できるシリカシンターって、アセンションにおいては予想外に重要なツールなのかもしれませんね。

こういう風に書くと、アフィリエイトのための宣伝と思われそうなので、一言申し上げておきます。

そもそも私は右目の白内障治療が目的でシリカシンターを買ったのです。

そして右目は未だ治っていません。

ですので本来の目的から考えると、あまり自信を持って勧められる状態に無いのです。

シリカシンターの効果があまりに興味深いのでブログのネタにしている、というのが本音です。

自己フォローは以上。

シリカシンターはこちらのサイト様で購入できます。

Amazonでも購入可能です。

私のAmazonアカウントで紹介させてください。

それでは今日はこの辺で。

3+
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事