思考を整理して循環型社会を実現しましょう

なんか突発的に色んな事を悟りましたので、記事にします。

思考の整理による現実の創造について書きます。

常識の洗脳から脱しつつあるのと、三真釣り・三元思想が役立っているので、これは数日前から様々な神示を読み進めている影響だと思います。

スポンサーリンク
広告336×280

思考を整理する重要性

スピリチュアルを学ぶ多くの方々は、意識だけはハッピーになっていても、現実では面白くない事が多くて、コレジャナイ状態に陥っているのではないでしょうか?

私はそうでした。

しかし、さきほど気付いたのですが、現実化の順番は「意識 -> 思考 -> 現実」です。

せっかく意識が上昇していても、思考が雑然としたままでは、現実もゴチャゴチャとしてしままうのではないでしょうか。

意識と現実を仲介しているのは思考、つまり意識と現実の真中に思考があるのです。

ですので思考を一度整理し、現在の自分の意識と、目の前の現実とを合わせて分析し、どうすれば理想を実現できるか?という方向性で思考を構築しなおす必要があるはずです。

コレをやらない限り、現実はシンプルにはならないと予想します。

今まで私は、カルマが!潜在意識が!身魂みがきが!現実の行動が!経験が!とまあ色々な事を言ってきましたが、たぶんコレが最後です。

これで進化が最後という意味ではなく、これで一通りの成長要件を抑える事ができると思うのです。

来るべき世界を整理する

私を含め、スピリチュアル界隈では、「お金のない世の中」を新たな世界の理想として掲げています。

これを整理しましょう。

我々の多くが苦しい生活をしているのは、お金が原因なのでしょうか?

違います。

お金は目先の理由です。

根本的な原因は、一握りの権力者が人類のほぼ全員を奴隷同然に扱っているからです。

しかし我々の多くはそれに気づいていません。

それは世界が資本主義だからです。

目の前のお金の仕組みにまんまと踊らされてしまって、お金の奴隷になっているのです。

そう、我々の意識はお金の奴隷になっています。

しかし現実は違う。

お金の奴隷というのは、あくまで意識の話。

現実的には、一握りの権力者の作り上げたピラミッド社会の中で、国家や資本家の奴隷となってしまっています。

そして!

そして見逃されがちですが、思考は常識の奴隷になっているのです。

意識は金!思考は常識!現実は支配層!

三位一体の奴隷構造!

ウギャーッ!!

この仕組みを見破り、自由を勝ち取りましょう。

お金はあってもなくてもいい

お金の支配から意識を解放する事は、達成するのは難しいですが、説明をするだけなら簡単です。

金!金!と金ばっかりに意識を向けるのを辞めれば、お金の支配から抜けられます。

でも世の中どこもかしこも金を要求しますから、支配から脱するのは本当に難しいですね。

しかし、冷静になって現実を考え直すと、我々にとって本当に必要なのはお金ではありません。

衣食住です。

ですから、お金を使って衣食住を得る生活から脱却すれば良いのです。

実家に住む、持ち家を買う、自給自足する等々、様々な方法がありますね。

一気には無理でも徐々に移行しましょう。

ピラミッド構造から抜けても抜けなくてもいい

お金だけではありません、可能な限りピラミッド構造から離れましょう。

とはいえ、社会への適応力には個人差があります。

好きな仕事をやってるから、社畜生活が苦ではない方もいらっしゃるでしょう。

ビジネスが順調で、生きるのが楽しくて仕方がない方もいらっしゃるはずです。

そういう方は、無理に抜けなくても良いと思います、

しかし、そのような方は恐らく少数派。

社会参加をつらいと感じる方のほうが多いはずです。

生きづらい方は、ピラミッド構造から抜ける努力をしてみましょう。

ワクワクとお金を別に考えましょう

ピラミッド構造から抜ける方法は、チャネリングメッセージが推奨する「ワクワクを追求する」という指標がベストです。

自分の個性を発揮する事が、真に自立するための手段になるんですね。

しかし自分の個性が、なかなかお金に結びつかない方も多いと思います。

私もそうです。

そのような方には、ワクワクを追求する一方で、苦痛にならない範囲の労働を行うことをお勧めします。

結局労働かと思われるでしょうが、この場合は労働の質が違います。

上で述べた、お金・常識・支配層からの脱出を合わせて進めていれば、十分妥協できる労働環境が見つかるはずです。

それは低賃金の簡単な仕事だったり、常識から外れた仕事だったり、ギャンブルであったりです。

余談ですが、ギャンブルは社会に貢献していないというだけで、安定して勝ち続けるためには勉強や分析力や経験が必要な、遊びの枠を超えた世界です。

私が過去に縁のあったガチのギャンブラーは、その辺のフリーターよりもよっぽど労働者じみた生活をしており、サラリーマンよりも経営者的な意識を持っていました。

支配せず支配されない世界

以上のような試みを行いつつ、変化に合わせて常に思考を整理していきましょう。

本当に必要なのは、お金のない社会でも、仕事をしなくていい社会でもありません。

誰も支配せず、誰からも支配されない社会です。

自由の確保こそが、来るべき世界への第一歩です。

逆に言うならば、現在の生活に不満が全くなければ、それは支配されていない生活なのです。

もしあなたに自由が与えられたとして、自発的に今の生活を継続するなら、それは支配からではなく自分自身の選択で生きている事になりますよね。

そのような方は本当に幸運です。

幸せな生活を満喫すれば良いのです。

ですが、もし誰かを支配する事によって現在の幸福が成り立っているのなら、いずれ土台は崩れ、自分が下から支える立場になることを、今の内によく考えてみて下さい。

お金以外を循環させて自由を拡大する

可能であれば、自分が与えられるものを周囲に与えましょう。

愛でも、感謝でも、現金でも、肩たたき券でも。

自分が無理なく与えられるものを与えましょう。

ギブ&テイクではなく、ギブオンリーです。

与えっぱなしです。

与えた代わりに貰うことを期待してしまう方は、無理に与えない方が無難です。

生活が苦しい方が、無理をして与える必要はありません。

心身が疲弊している方が、無理をして与える必要はありません。

現代社会はギブ&テイクです。

この社会に生きる限りは、ギブ&テイクが付きまといます。

しかしギブオンリーの与えっぱなしを率先して実行し、それをやる人が増えれば、循環型社会が誕生するのです。

ですから「あげてもいいや」って思えるものは、与えましょう。

私もオカルト・スピリチュアルの情報を、不特定多数の方に無料で提供しています。

普段書いている記事の知識を得るために、書籍を購入することもあります。

記事を書く時間も膨大なものです。

特に今書いているこのスピリチュアルな情報などは、今までの学習・経験・実験の積み重ねがあってこそ、このように文章としてまとめられる、プライスレスなものです。

でも、こういうもので商売をやろうとは思いません。

広告収入で間接的に儲けられればいいな、とは思ってますが…(^^;

なんででしょうね?

きっと好きでやってる事を商売にするのが面倒なだけだと思います。

コレで苦労はしたくなくて、楽しんでやりたいんですね。

こういう感じで、自分の得意なものは与えても減りません。

与えられるものがあれば与えましょう。

私ももう少し何か与えられるものを増やせたらと思っています。

それでは今日はこの辺で。

3+
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事