夢の世界は平行世界なのかもしれないと感じた話です

オカルトの記事を書こうと思っていたのですが、ネタを思い出したのでスピリチュアルの記事を書きます。

やっぱりスピの方が書きやすいんですよね、自分の意識とか体験とかの話ですからね。

今日は平行世界と記憶について書きます。

スポンサーリンク
広告336×280

印象深い夢は平行世界なのかもしれない

先月あたりに印象深い夢を見ました。

なぜか成人後に高校に通っている夢です。

その高校は、私が以前通っていた高校でした。

同じ高校に2回も入学しているんです。

成人後、就職先に困ったんだか、就職後に行き詰ったんだかして、どうしようもない状態の時に、親に勧められるがまま、同じ高校に入学したのです。

やけに設定が詳細な夢ですよね。

夢での状況は、高校を卒業した直後で、進路をどうしようかなーと思っていました。

そこで目が覚めたのですが…

記憶がおかしいんです。

目覚めた私は、夢の通りの記憶を持っていたんです。

起きてから数分くらい、あー進路どうしようかなー、という暗い気持ちでいた訳なんです。

で、少ししてから我に返ったんですね。

あれ?この記憶は違うぞ?と。

寝ぼけていた訳ではなく、本当に、数分間記憶が違っていたのです。

この時、さっきまで夢で見ていたのは平行世界なのかもしれないと、漠然と感じました。

似たような夢を何度か見ていた

実は、同じ高校に2度通っている夢を、それ以前にも見ておりました。

今回の夢は、明らかに前回の夢の続きでした。

さらに似たような夢で、同じ専門学校に2回通う夢や、全く知らない学校に通う夢など、とにかく学校がらみの夢を何度も見ているんですね。

また、古びた大きなお屋敷に一人で住む夢なども、本当もうアホみたいに何回も見ています。

ちょっと、ただの夢とは思えないものが多いのです。

その中には、かなりショッキングな結末を迎えた夢もあるのですが、その夢を見た時も記憶の混乱がありました。

その時も「これって平行世界の自分が、こっち側の自分に統合されたんじゃないの?」という訳の分からない感覚を持ってしまいました。

また、夢の多くにツインソウルらしき人物が関わっていたのも印象的でした。

夢の話ではなく実際のところ、私自身がツインに遭遇したのも、まるで学校にいるかのような状況でしたので、これらの夢にはゾッとさせられていました。

記憶の混乱を体験している方は多い

私のケースとは違う感じなのですが、いつも拝読させて頂いているブログ様にも、平行世界に関係した記憶の混乱を体験されている方がおられます。

下記のブログ様です。

日本の都道府県の位置が、記憶と違うことになってたそうです。

以下抜粋させていただきます。


ランランの以前知っていた地図で

山梨は関東に含まれていなかった位で、後は略変わらない。

東北地方も秋田の場所が違うだけ。

青森と岩手の間にあって、あんなに縦長ではなかった。

あと東北地方の各県の大きさも違う

福島と岩手はこんなにに大きくなかった



北海道は形が微妙に違ってるかな

もっとダイヤ型に近い感じ

後の地域は洒落んなんない位変わった!!

全部書くのは大変なので書きませんが

九州はどえらい変わってるw

どうしてお前そっちに行っちゃったの!!??

って県もございますw


以上です。ありがとうございます。

他にも記憶の混在を経験されている方が、なんと!世界中にいらっしゃるようで、この現象にはマンデラエフェクトなんて名前も付いちゃっています。

チャネリング情報でも、しきりに平行世界のことを言ってますよね。

意識をフォーカスすれば平行世界を自由に移動できるとかなんとか。

具体的にどうすれば移動できるのかサッパリ分かりませんが、上で述べた通り、私の夢の記憶でも平行世界からこっちに来たような、なんかヤバげな記憶があるもんだから、一笑に伏せない話題なんですよねコレ…

空を飛ぶ夢も頻繁に見ます

他にも印象的な夢として、空を飛ぶ夢を頻繁に見ています。

これはもう何年も前からで、生身の身体一つで、ぴょーんと飛ぶ夢です。

自由自在に飛行できる訳じゃなくて、ジャンプするとフワーっと浮くんですけど、今一つ制御不能なんで練習するんです。

そう、まるで飛ぶ練習をするために夢を見ているような感じなんです。

あんまりにも夢で練習しているもんだから、そのうち本当に飛べるようになるんじゃないかと、かなり期待しています(笑)

あと余談なのですが、上で紹介させて頂いたブログ様の記事を見てて思い出しました。

私の誕生日ってファティマの日なんです。

あと数日ですねー。また年取るのかよー。

それでは今日はこの辺で。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事