スピリチュアルなお金の考え方に対する異論

ちょっと最近はお金で悩む事が多いので、スピリチュアルなお金の考え方に対して異論を。

まず、自分自身に問題があるからお金が入ってこない、というお説教は良く聞きますね。

ですがこの考え方はスピリチュアル特有でして、現実ではエゴまみれのろくでもない奴の方が手段選ばず大金を稼いでる訳です。

ですので、いくら身魂を磨いて精進しても金銭が伴わないという方は、自分に問題があるとか、あまり気にされない方が良いと思います。

そういう方は私同様、金銭以外に豊かさを見出しているんじゃないでしょうか。

むしろ「自分に何か問題がある」と頑なに信じてしまう方が有害だと思います。それこそスピリチュアル的に。

スピリチュアルではよく現代社会をゲームに例えていますが、これはあくまで例えです。

ゲームは中断できますが、現実は中断できません。

定年退職でリタイアしたつもりでも、実は全然リタイアじゃない。

貨幣システムは人々を働かせ、搾取しようと尻を叩き続けます。

金がないと干上がってしまうし、一度転落すると這いあがれない。

やっぱりですね、心底疲れた人が休むことのできない社会は異常だと思うんですよ。

より大勢の価値観のシフトが必要です。

0

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事