結果を求めない生き方

私はここ半年ほど、我慢のきかない状態になっておりました。

ゆえに自分の考えに従って、社会の枠から外れ、自分軸で生きて来ました。

しかし最近はリアルでしんどい状況が続き、現実が思い通りにいかなくなっています。

この状況に激しくストレスを感じており、己の無価値さ、無常観、意思の放棄、といった精神状態におちいっています。

ここから自己の見直しに入り、前回記事に書いた通り「そもそも貨幣システムが大嫌い」と気づいてしまった訳ですが、ここから更に発展し、現在は「結果を求めるとダメだ」と分かって来ました。

私が今行なっている諸々の活動も、結果が伴わないと全てが無価値になってしまう。

自分の好きなように生きていても、そのような不安感が常につきまとっていました。

まあそれは当たり前のことなんですが…

その不安感が、そのような当たり前の感情すら、私にとっては負担なようです。

ですからその不安を取り除くために、結果を求めない生き方をする。

極端に言ってしまうと「行動の対価を求めない」という事になるのでしょうか。

それは行き過ぎた考え方だと思うのですが、もしそのような在り方で生活が成り立つのであれば、それはとても理想的なことです。

ちょっと自分でも考えがまとまっていないのですが、かなり面白い内面変化で、参考になる方もいらっしゃる気がしますので、とりあえず報告しておきます。

0
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

関連コンテンツ

関連記事


スポンサーリンク
広告336×280