再び親類とのカルマを浄化してみる

家の仕事部屋には神棚があります。

連休中はずっと家で仕事をしていまして、それで気付いたのですが、仕事部屋で仕事をしていると過去の嫌なことを思い出すんです。

他の部屋で仕事をすると、わりとなんともないんですね。

これは仕事部屋に神棚があるからだな、と感じておりました。

「いい加減にしてくれ~」などと思いながら仕事をするのも疲れたので、今日はぶらりと神社に御参りに行ってきたのですが、帰宅時にやたらと親戚の顔が浮かんでくるのです・・・

私は父方の親類と疎遠です。

その理由は・・・あまり悪口を言っちゃあよくないので控えめに言いますと、親戚一同の人間性が貧しいのです。

迷惑者には関わらぬのが一番と疎遠を決め込んでおりました。

もしやこの親類とのカルマが、過去の嫌な思い出と関係しているんじゃないかと直感したのです。

思えば、この親戚と、私の家族との確執。

そして過去の嫌な人間関係。

類似しているのです。

自分の利益のために他人を操作しようという悪意。

自分の立場のために他人を貶める悪意。

このような手口が共通しておりました。

この推測が当たりだとすると、これは明らかに家系的なカルマです。

なぜならば・・・ちょっと詳細を語れないのがもどかしいのですが、これは私の両親が解決すべきだったカルマとみて間違いないからです。

家族間のカルマの影響に関しては、以下のサイトの事例がとても分かりやすいです。

謎のコンサルタントB氏のお手並み拝見!

という訳で、親類とのカルマ浄化をやってみました。

果たしてなにか変化があるのでしょうか。

今のところはハートチャクラが活発に動いている程度です。

余談ですが、この記事が当ブログの108件目の記事でした。

108あるという煩悩の数の、その最期の記事がカルマ浄化とは、なかなか因果なものを感じますね・・・

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

スポンサーリンク
広告336×280