肉食とエンパス

今日は家族に付き合って焼肉屋に行って来ました。

焼肉屋に行くのは何年ぶりでしょうか。

先日お話した通り、私は持病の都合で肉食を控えております。

完全なベジタリアンというわけではありませんが、日月神示でも「四足ダメ、絶対」と言われておりますので、食べるとしても魚貝類、たまに鶏肉という感じです。

鶏肉も食べ過ぎると体調を崩します。

最近の焼肉屋は寿司食べ放題ということで、スシ補給に行って来ました。

連休中とあって焼肉屋は大混雑。

案の定エンパス能力が発動したのですが、これがかなり興味深い内容でした。

色々な感情が湧き上がってはきたのですが、修行の成果かあまり気にならず。

しかし・・・そのうち感情ではなく記憶が蘇ってきまして。

前の職場の嫌な思い出が・・・それも私自身が忘れていたような思い出までもが蘇ってきました。

この現象は、周囲の感情を拾ったのだとは思えません。

これは恐らく周囲の波動の影響で思い出したのでしょう。

嫌なことがあった時の波動、嫌なことをしてきた相手の波動です。

つまり具体的に相手がいる話ですので、あまり詳細には語りません。

今日の体験で、対人間の波動周波数の影響というものは確かにあるという事が分かりました。それも特定の感情を向けられることによる影響ではなく、物理的距離や個体数差による影響です。

そして肉食が波動周波数を低下させるということを、エンパス能力を通じて体感しました。

補足しますが、肉食だからアセンションできないとか、そういう選民思想的なものを語っている訳ではないです。

そもそも私リアルで自分以外のベジタリアンに遭遇したことがありませんので、肉食をアセンションの基準にしてしまうと大変なことになると良く分かっております。

肉食が波動を荒くする事。

肉食者の波動の荒さは「体感」できるレベルであるという事。

そして波動の荒さは人間性を反映したものである事。

上記と「人類の二極化」などの情報を合わせて、色々なことを再考する切欠になれば幸いです。

【追記】

ちょっと言葉足らずでした。

人ごみに行って過去の記憶を思い出すという体験は初めてです。

これは場所が焼肉屋であったことが原因と推測しての記事でした。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

スポンサーリンク
広告336×280