アセンションについて③

アセンションに関しては、ひとまず今日で最期。

今日は細々とした疑問点と、私が現在わかっている事をできるだけ書いてみます。

まず、なぜ人間の霊性が次元上昇の鍵なのか?

はっきりとは分かりませんが「人間以外の動物もアセンションする」という情報をもとに、人間と、人間以外の動物達との差はなんなのか?という消去法で考えてみれば、多少の推測は可能です。

我々人間は地球の食物連鎖の頂点に君臨しています。

ですが他の動物達よりも肉体的にすぐれているわけではありません。

むしろ肉体機能は動物達の方が人間より圧倒的に優れています。

人間が優れているのは知性です。人間と動物達との知性の差は、それはもう圧倒的なものです。

以上のことから分かる事が2つ。

たとえ肉体機能に圧倒的な能力差があっても、それは次元を隔てる理由にはならないということ。

同じように知性に圧倒的な差があっても、それは次元を隔てる理由にはならないということ。

じゃあ逆に人間と動物であまり差がないものは?

私は、それは精神性だと思うのです。

犬や猫を飼ったことがある方ならおわかりでしょう、動物にも情緒があり感情があり理性があります。精神があるのです。

動物は知性が劣るため、その発現は人間よりも程度の低いものに思えますが、知性の差を考慮して改めて動物に接してみると精神性そのものはさして人間と変わらないと分かります。

そして犬や猫のような人間のパートナーとして生きてきた動物だけでなく、人間と生活圏の異なる鳥や魚も、ペットとして生活を共にしてみれば精神性を見て取ることができます。

ちょっと過激なことを言ってしまうと、その辺の人間よりも動物達のほうが優しい心を持っていたりします。

それは知性の低さゆえに純粋な精神を保っているともいえます。

おそらくこの生物本来の精神性こそが霊性なのでしょう。

では霊性と次元上昇の関係とは何なのか?

それは前々回にお話した、次元が異なる世界に関係しています。

同じ場所にありながら次元が異なるために物理的干渉が発生しない世界、霊界です。

霊界が実在すると前提して考えますに、霊界は次元が異なるわけですから、そもそも我々の霊体自身が異なる次元の存在であります。

そうなると、我々人間って一体なんなの?ってなりますね。

人間の霊体は異なる次元の存在で、今現在はこの3次元で肉体を持って生きているけど、ここから次元上昇するってどういうこと?もしかして霊界って3次元世界よりも次元が低いの?

いいえそんなことは無いようです。

オカルト界隈では霊界は4次元、もしくは3.5次元であるとされています。

じゃあ死ねば次元上昇じゃん!

そのとおり!!

しかしアセンションで言われている次元上昇とは、肉体を伴ったままの次元上昇です。そして昇華先の次元は5次元と言われています。

これに何の意味があるのでしょう?

人間の人生は魂の修行とよく言われています。

それだけでは不十分なのでしょうか?なぜ生きたまま次元上昇する必要があるのか?

その答えは分かりません。

分かりませんが、日月神示には人間が進化する目的が書いてあります。

それは

人間が神となること。

魂と肉体を合わせ持った地の生き神様となること。

これを達成することにより現在の我々の神様達は、地球を生き神に任せ、自分達は隠居するのだそうです。

この日月神示の記述がアセンションの目的と一致しているかは分かりません。

しかし日月神示にも次元上昇と思わしき記述が多数存在しています。

・・・私に分かるのはこのくらいです。

感覚的に分かる事はもっと多いのですが、それを論理的な文章に落とし込むのは実に難しいです。

今日はこのへんで失礼します。


以下、関連記事です。
よろしければ合わせてご覧ください (^_^)

アセンションについて①
アセンションについて②

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする権利が与えられます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして、どうぞ

スポンサーリンク
広告336×280